« ストローからモビールへ | トップページ | これは一体・・ »

ユミちゃんの旅立ち

Img_4968
「無事に発ちました
二人は涙腺が緩みウルウルしてました(歳オ重ねたから)
いつも いつも いつも
優しさ と 励まし 有難う」

というメールがさっき届きました。
ロンドンに留学するため、今朝のフライトで発ったユミちゃんのお母さんからでした。
「寂しくなりますね・・」と今朝送った私のメール。
ユミちゃんのお母さんは、見る専門で携帯メールは打てないはずなのに・・
がんばって四苦八苦して送ってくれたのだなぁ。
空港での二人のウルウルを想像し、こちらまで胸が熱くなりました。

ユミちゃんとは私の高校の時の友人で、出会った頃は髪型もウルフカット(知らない人も多いでしょう)だし雰囲気も人を寄せ付けない一匹狼風だったので、私は正直ちょっと恐れていました。
でもなぜか卒業後からお付き合いが始まり、実は狙わなくても行動を見ているだけで笑えるキュートなキャラクターという事が判明。人ってほんとに外見じゃーわからないものなのでした。
ユミちゃんといえば、岐阜でギターを作るお仕事をしていたかと思えば、北海道を経由する船の乗務員のお仕事をしていたり、ひとつの事務所で「もう、お局になった」ってくらい勤め上げたかと思えば、歌舞伎町中を自転車で走りまわってCDの配達をしていたり、1日中Yamazakiの工場でバナナの皮むきをしていたり・・
これで留学とくれば、なんかもう一丁あがりといった感じです。

友人との送別会、うちの実家でも送別会、そして出発直前の昨日2人でランチ。「あー、お寿司食べられなかった」「あー温泉行きたかった」「台風でフライト2〜3日延びないかなぁ!」相変わらずのユミちゃん節。これを聞くことも当分なくなるのかぁ・・
そしてユミちゃんの不は我が家の食・流行事情にも大打撃です。
あのTDLの人気アトラクション並に並ぶクリスピー・クリーム・ドーナツも、渋谷にまだ1店舗しかない大人のミスドのドーナツも、お取り寄せ野菜や蜜のたっぷりはいったリンゴ、どこぞの美味しいパンなど、ユミちゃんが我が家に運んできてくれた美食は数知れず。美味しいモノや流行に敏感なユミちゃんはそういうものに疎い我が家と世間の橋渡しの役目だったのになぁ。
ちなみに最後の彼女の置きみやげはビリーズ・ブート・キャンプ。

私もそろそろ、じめじめ気分を吹き飛ばして元気に動き始めたいものです。

|

« ストローからモビールへ | トップページ | これは一体・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストローからモビールへ | トップページ | これは一体・・ »