« 一路、島根へ! | トップページ | 帰省・島根へ_田舎編 »

帰省・島根へ_トラブル編

ただいま〜帰ってきました。
そしていきなり日記が「トラブル編」かい!・・自分でもそう思います。でも最初から最後までトラブルに見舞われた帰省だったのですよ。(まぁ、諸悪の根源ははっきりしているんですが)

始まりは出発前の午前1時。駐車場から戻ってきたオットが一言「最悪だ・・」
彼が言いますには、車に荷物を積んでいると「うぉぉぉぉー」と背後からオジサンが走ってきたので、夜中だったのもありビビッてバン!とドアを閉めてしまったら、鍵は車の中だという不幸な事件。JAFに1万2千円也を払って、1時間半遅れのスタートでした。(この時間差がロングロングドライブを引き起こすはめになるとは・・)

そんなミスを背負ってか、殊勝にハンドルを握る彼。京都近くまでは順調に車を進めましたが、いきなりピタリ!と流れが止まるではありませんか。「混むと覚悟していた宝塚はまだ先なのに・・」カーナビをのぞくと事故マークが上下合わせて9つ!そしてその中に大型トラック3台の衝突事故含む。みんな事故起こしすぎ!!
無情にも通行止めの告知を受けて、のろのろとハイウェイを降りると、一般道に車がずらーっと、糊で固めた?っていうぐらいぴたっと動かず止まっている。信号が青でも赤でも一緒。なんだこの渋滞は・・
何よりも「止まっていることの苦手」なオットは逆方向でも道なき道でも進めばいいというタイプ。京都の片田舎を網の目のように走ること何時間だったか・・島根にたどり着いたのは17時間後でした。ふぅ〜・・

もちろん滞在中も「いやー!!」という事件はありましたが、それは置いておいて、さらなるトラブルが我が家を襲う。
それは6日間の滞在ののち、東京に戻るというその日。義父母、義弟・妹・甥っ子などが見送る中「じゃぁね〜〜また来年!」「必ず遊びに来るんだよ〜!」感傷的な別れをした5分後、もうすぐ高速の入り口付近・・というところで、またしてもオット「オレの財布持ってるよね?」「え〜?知らないよ。バックにも入ってないよ」「な、なにぃ〜〜!!」
結局、荷物ひっくり返しても見つからず、恥を忍んで先ほど涙の別れをしたばかりの実家に戻り、家中を探し回り、送った荷物を荷受所までチェックしにいき、旅行先の大分のホテルにも電話して、有りそうなところは全部チェック・・だが彼の「免許証も保険証も各種銀行カード&クレジットカードも現金数万円も入った」お財布は見つからなかったのでした。
ついさっきまで「帰りたくない」と泣きじゃくっていたミクの涙もすっかり乾き、「まだぁ〜」と不甲斐ない両親を責める目。結局お財布は見つからず、重い気分で運転した13時間は長く感じました。

ちなみに・・帰省した次の日、お財布がみつかった!と連絡あり。
旅行先のホテルの部屋の金庫から見つかったとのこと。なんだ〜「金庫はオレが最後にチェックした」って断言してたのに〜でもまぁ、一件落着。やれやれ・・

|

« 一路、島根へ! | トップページ | 帰省・島根へ_田舎編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一路、島根へ! | トップページ | 帰省・島根へ_田舎編 »