« 蛙とフラメンコ | トップページ | 姉弟・愛 »

まんまるの月

Img_5450
三連休には友人の結婚パーティがあり、同級生が5人も集まると久々に長い間学生気分に戻ったようだった。会場は庭園美術館の大ホール。そんなところでパーティができるとは知らなかったのだけれど、会場はクラシックなシャンデリアが燦然と輝く大正モダンの雰囲気。花嫁である友人は、今後この光景を何度も思い出すことになるでしょう。この日の気持ちを忘れずに、末永くお幸せに。

昨日の夜、窓を全開にして中秋の名月を見ながらお団子を食べた。
星も見あたらないような暗黒の空に切り抜いたようにくっきり、まんまるの月。
こうやって改めて見ると、お月さまって偉大だ。私たちを照らしながら見たいものも見たくないものも見ているのだろう。
うちの子ども達がお団子取り合っているのも、落っことしたお団子を蟻さんドーゾ!とかいって外に投げちゃったのも、私が何軒もハシゴしてようやくお団子をゲットしたことも。そしてそして・・

|

« 蛙とフラメンコ | トップページ | 姉弟・愛 »

コメント

昨日の月は本当にキレイだったよね~!
私も友だちにメールして、月の綺麗さをアピールしまくりました(笑)。

きっと地球が生まれた頃からずっとずっと見守ってきたのであろう月…。
「地球も変わったなぁ~」とでも思っているのでしょうかね~(笑)。

投稿: ぽんた | 2007年9月27日 (木) 01時31分

ほんと綺麗だったー。自然の美しさはありのままだからいいね。
美しい月と同じように、美しい地球を維持していきたいものだよ。
日本の季節の行事は、改めて環境のことを考えさせられるね。

投稿: しー | 2007年9月27日 (木) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蛙とフラメンコ | トップページ | 姉弟・愛 »