« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

今年もありがとう

今年最後の日記となりました。
みなさんにとって、2007年はどんな1年だったでしょうか?

私と言えば、このブログをご覧の通りドタバタの毎日。
やりたい事ばかりが増え、ジレンマの中にありながらも、この1年たくさんの素敵な出来事に出会えたと思います。

子供達の不思議な成長の日々、クラシック音楽に興味が持てたこと、懐かしい友との再会、たくさんのジャンルの本と出会い、そして将来のことを真剣に考える機会に恵まれた1年でした。
資格取得に向けて勉強も始めました。(どんな資格かについては、自信が持てるようになったら公表させてもらいますね。きっとイメージと違うと言われると思う。)
小さい事では、人生で初の家計簿を買いました。(えぇ、お金の管理は何より苦手です・・)

こんな喜怒哀楽の激しい、薬にも毒にもならないようなブログに度々アクセスしてくださったみなさん、どうもありがとうございました!
始めて何ヶ月かは誰にもブログの存在を知らせておらず、かなり気ままにやっておりましたが、
1日のアクセス数が100を超えたときはさすがにジーン・・としました。さぼってばかりなので、最近は低迷ぎみですが、笑。
コメントをいただけると、今後の励みになります。
私のことをご存じの方も、ご存じではない方も、もし気が向いたらメッセージを残していただけると嬉しいです。

そしてこのブログのタイトル「西のベランダ」。
そう・・ベランダはどうした?
ただいまのベランダはこちら。
Img_0767Img_0770
寒さのあまり、ベランダに出るのは1〜2日に一度、水やりに出るだけ・・
西のベランダが聞いて泣きますねぇ。春の声を聞く前に、また賑やかな姿をお見せできますように。

ではでは、良きお年を。

| | コメント (10)

A型判定ゲットです。

やっと仕事も山場を過ぎ、ほっとしたのもつかの間。
ミクが素敵なものをいただいてきた。
流行先取りの「A型判定」だ。
この時期のA型・B型というと、あいつしかいない。猛威の感染力。いわずと知れたインフルエンザである。

あぁ・・来てしまった・・やはり来てしまった・・
仕事に目処がついたら予防接種に連れて行こうという私の甘い考えは、やはりかなり甘かったと証明された。
ごめんねミク・・情けない母親でごめんね。

その上、その2日後には友達をたくさん招いてクリスマス会まで予定していたものだから、泣く泣くみんなに延期の連絡を・・中には十年ぶりくらいに会うはずの友達もいたのに・・・ごめんね、みんな。情けない友人でごめんね。

判定を受けた日の夕方にはミクの熱は40度に上がり、弟のソーまで赤い顔をしている。これは・・まぁ、90%の確率でうつったな・・
薬局へ薬を取りにいかなければならず、でも感染者であり高熱を出している2人を連れていくわけには行かないので、2人の大好きなDVD「カーズ」をつけておやつも用意。
「薬局に行ってくるからね、すぐ帰ってくるからちゃんと2人でお留守番してるんだよー」
テレビから目をそらさず赤い顔でうんうん、うなずく2人。

薬局に着くと、大混雑。これは〜20分はかかるかも。1回帰ろうか・・でも今度は「ついて行く」と言われても困るし・・と焦りながら順番を待っていると、自動ドアがすーっと開き・・
5歳くらいのお姉ちゃんが小さな弟の手をひいて・・
ってうちの子じゃないの!!
「みみみみく!どうしてここにいるの?」
「まま、おそいから・・そーちゃん泣くし・・」
40度の熱で、この寒空の下コートも着ず2人でやってきたの?玄関のドアをちゃんと2カ所空けて(もちろん開けっ放しででてきたよね)、階段を降り、中庭を通って、暗い駐輪場を抜け、いつもママに言われてるから左と右を確認しながら・・
やってきたの?
泣き笑いでミクの話を聞くと、薬局の人に事情を話し(超特急で調剤してくれた。ほんとすみません)やっと自宅に戻れたのでした。
ちなみに、ソーはその後風邪と診断され、被害は広がらず。
だけど、熱が下がっても2日間は外出できないインフル患者の宿命。
かなり地味〜な3連休満喫中の我が家です。うふ。

| | コメント (6)

その後と、ちょっと宣伝

私が前回のブログでくだをまいていたのはご存じかと思う。

その後、オットの様子に変化が!
食事の後、お茶碗洗いをしていると・・
「やるからいいよー!置いておいて」(と、言いながら目はテレビで放映されているFIFAクラブワールドカップの決勝に釘付け、笑。)
「いいよー、大事な試合でしょ」
「あ!じゃぁお茶碗拭くからそのまま置いておいて!!」

そして深夜。
家族の寝静まったあと、洗濯物を干している私に忍び寄る黒い影。
「うわっ!びっくりしたなぁ〜どうしたの?」
「せんたくもの・・てつだう・・」
あはははは!!
目なんか半分も開いてない。睡眠の途中でフラフラ起きてきたらしい。

この人・・ブログ読んだな。
前にブログの話題を振ったら全然見ていない様子だったが、たまたま覗いたら妻がくだをまいていたということか。
まぁ、その素直なところが彼の良いところだ。
ぜひぜひその気持ちを忘れずに(笑)

ところで少しばかり宣伝。
声楽家である姉のCDが出ました。ソロでは初。

『日本歌曲集 すてきな春に』 HCC-2040
さくら横ちょう/この道/初恋/宵待草/中国地方の子守歌/霧と話した/
赤いかんざし/すてきな春に     他収録

価格 3000円(税込)

CDのご注文は
株式会社ハーモニー  http://www2.plala.or.jp/HARMONY/
または、全国主要CDショップにて取り扱い中

Aramaki

越谷達之助作曲「初恋」は私の大好きな曲です。

| | コメント (4)

愛のランキング

昨日は疲れててすごく失礼なことを言った気がするので、次の日オットにごめんなさいメールをした。
そしたら返事がきた。
その内容が、「忙しいと思いこんでいるだけで、ほんとはもっと余裕を持って焦らないでやれるよね」といった内容のメールだったので、また腹が立った!!(笑)
私が仕事はもちろん、掃除も洗濯も食事も保育園関係もたとえば、やれ電球が切れた、トイレットペーパーがない、今日中に振り込みだ、っていうのも殆ど全部一人でやっているのにお気づきだろうか。
週1回だけオットに保育園のお迎えをお願いしている日は、前日の夜中に夕飯を作りおきしているのにお気づきだろうか。
多分オットは子供達の保育園の先生の名前も知るまい。私が役員でどんな事をしているかも知るまい。
・・どんどん思いついて一人で爆発寸前だった。。
のだが。
私って人任せにできない(というか気になってやっちゃう)ところが多く、お願いすればいいようなものを一人で焦ってコマネズミのように動いているのも事実。
そして私が焦れば焦るほど、オットの落ち着きっぷりに貫禄が加わる。
夫婦って不思議だ。こうやって均等を保っている。(という結論に達した・・ちょっと腑に落ちないが。)


ところで、先日。
「ねー、私のこと、飽きた?」
運転中のダンナにふいに話を振ると・・
「えっ・・何よ急に。」
「いいから〜、飽きた?飽きちゃった?」
「・・飽きてないよ」
すごーく真面目に答えたので、笑っちゃった。
友達のダンナさんが「オレのこと飽きちゃった?」って奥さん(友達)にしょっちゅう聞くという話を聞いていたので、冗談で私も聞いてみたわけです。
ちょっと狼狽えたダンナを見ただけで満足〜(いつも苛められる側だからね〜)と思ってたら!
「なんだーびっくりしたなぁ、もう。オレの隠し財産見つかっちゃったかと思ったよ」

・・出せ!あるならすべて出せ!!

ちなみに、オットの好きな人ランキングは・・
1位・もちろんオレ。
2位・ジダン(サッカー選手ね)
3位・その他すべての人類。

そう。「その他すべての人類」には、私、ミク、ソー、そしてこれを読んでいるアナタなどすべてが当てはまります。
オットの偉大な愛に乾杯!!
Img_0524

| | コメント (9)

光輝くおばあちゃん

真っ黒なおかっぱの髪、黒縁メガネ、いかにも高そうなゴールドの時計に、マニキュアを塗った細い指にはダイヤの指輪。
食事のあとはすかさずDiorの口紅で化粧直し。
ちょっとわかりにくい言葉があると「わかりにくいわ。英語で言ってくれない?」
今日、私が会社帰りに打ち合わせをした相手は・・
なんと80歳を超えたおばあちゃん。
自分の本を出版するのにあたり、出版社から提案された表紙のデザインが気にくわない!と私に話が来たのでした。

そのおばあちゃんって本当に個性的なの。
まぁ、本を出すくらいだから頭もしっかりしていて、切り返しも早いし、記憶力いいし、言葉はキツイ(笑)
だけど話を聞くと、戦後の女性にまだ無限の可能性が与えられていなかった時代にしては珍しく自立した女性でした。
有能な子供を産むために、結婚したダンナと半年で別れ、自分で「有能な精子を探し」(!!)女手ひとつで、不動産投資などをしながら子供を育てつつ、財産を築いたそう。

いやー、すごい。
つい最近、2度目のイタリア留学もしてきたとか。もちろん2回の留学でイタリア語もペラペラ。
私まだ30代なのに、こんなにじっとしていていいのだろうか(笑)
ちょうど最近、自分の人生プランを見つめ直す時期にきたなぁ、と感じていたのでこのおばあちゃんの力漲る人生は衝撃でした。

こてんぱんに批判されること覚悟で、恐る恐るブックカバーのデザインを見せると・・
「あら。アナタいい才能持ってらっしゃるわね」
ほ・・ほめられた?
やったー!!!

| | コメント (6)

フリーデイ

偶然が重なり実現した私のフリーデイ。
仕事もお休み、予定も入っていない!そしてミクがおばあちゃんの家に泊まりにいくと自ら言った。(ので無理矢理、ソーというオプションも付けた)

1日好きなことをしてよくて、夜も帰る時間を気にしなくていいなんて(つまり共働き・子供なしのDINKSということになる?)素晴らしい。
「子供と1日会えないなんて寂しいなぁ」という気持ちにならないのが不思議な薄情な母ということも判明。

まず、築地の「上松」に予約を入れる。
そうそう、鮨屋の・・
じゃなくて、美容院なんですね〜笑。
姉の紹介で初めて行ったんだけど、センスもいいし、髪の毛のことすごく丁寧に説明してくれていい勉強になった。言われる通り、今度からはマメに通おうかな・・(ハサミ入れるの久しぶりですか?と言われた・・えぇ、その通りでございます)

その後は、とにかく歩いて、見て、歩いて、見てを繰り返した。六本木、恵比寿、最後に吉祥寺に着いたときは真っ暗になっていた。気付くとお茶もせず歩き回っていたんだ〜
プロダクト・アパレル問わずモノを見て歩くのは楽しい。いい刺激になりました。

さて次の日。好きなだけ寝てていいのに7時すぎに起床。無理矢理目をつぶっても寝られないなんて、習慣化した自分が悲しくもある・・
実家から公園に行こう!とのお誘いを受け、秋ヶ瀬公園へ・・
あれれ?ここって・・若かりし頃、免許を取る前に練習しにきた公園だぁ。懐かしい!
それにしても、このだだっ広さ。
「木」と「芝生」くらいしかないのに、この気持ちよさ。
ただものではないなぁ、この公園。
たまたま車に折りたたみ式自転車をつんでいたので、枯れ葉散る公園を自転車でかけめぐる。
疲れたらお日様をあびてシートでお昼寝。
お腹がすいたら焼きそばを作って食べて(母、コンロ持参)
子供達はじじばばにからみつくように遊んでいる。
あ〜楽ちん楽ちん・・また来月もぜひお泊まりしてもらおう。なんて思ってたら、
帰りに犬の「落とし物」を踏みました。
しかも、まだ気付いていない車の中で「この辺は銀杏の匂いがすごいね」と間抜けなことを言ってたっけ。
まぁ、人生そういうこともあります。
Img_0593

| | コメント (7)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »