« 夢と、日本と世界と宇宙と。 | トップページ | 母を超えた日 »

バレンタイン古今東西

バレンタイン。
毎年、どうなのだ?この騒ぎっぷりは・・としばし冷めた目で見ているのだが、
昔を思い出すと、あぁ恥ずかしい。
じゃがいもみたいな顔をした同級生に渡すのに、偶然を装い(あり得ない)、「○○ちゃんと私から、これ」(ほら偶然じゃないじゃん・・)と、よくわからない渡し方をし、結局不完全燃焼で終わった小さな恋。

で、それから20年近くも経つと・・
「あのさ、今日ってバレンタインだねー。ケーキと、チョコと・・・・・・・・・ワイン(小声)、何がいい?」
「ワイン!」
えぇー!ケーキじゃなくていいのぉ?ケーキって言わないのぉ?
結局、両方買って帰ることになり、バレンタインの持つ密やかな気持ちやワクワク感とは遠く遠く離れた・・・
でもお目当てのBUZZSEARCHのロールケーキは美味しかった♪
ふわふわ系が好きな方におすすめです。

そしてバレンタインとのことで(と書きながら、もう日付が変わっていることに気付いたが、まあいいや)とても気に入ってしまった素敵な本をひとつ。

環境問題への提言の書ともいえるのだけれど、
「醜い花」と気持ちをともにして、思うところがたくさん散りばめられている本。
その人その人によって、心に届く言葉は違うんだろうなぁ。

岩波書店 「醜い花」(2003年出版)

原田宗典氏の文章の美しさと、奥山民枝さんの別世界へ誘うような絵には、醜い花のいじらしさが溢れている。
ページが袋とじになっていたり、表紙が箔押しになっていたりという装幀の凝り方も、ひとつひとつが見事な調和であり、読み終わったあと思わずため息が漏れる・・
あぁ、いい本だった。

Img_1003こちらは我が家のベランダで越冬中の「肥料ももらわず咲き続ける逞しい花たち」。

[追記]後で読み直して気付いたけど、「醜い花」の本の感想・・いったいどんな本だかさっぱりわからないな(笑)まぁ、気になる人のために、内容はお楽しみってことで〜

|

« 夢と、日本と世界と宇宙と。 | トップページ | 母を超えた日 »

コメント

こっちもバレンタインなので今日は男の人が皆んな花束持ってて微笑ましいですhappy01
バイト先のレストランもずっと前から予約がいっぱいで、今週も男の人が続々と予約をしに来たけど断るしかなくて申し訳なかったです。。。
あんなに予約でいっぱいなのに、今日は彼がいる人達は皆んなバイトで、なぜか私はオフという不可解なシフトで、なんか悲しくなってきちゃったからこれからHみん先生に家庭教師してもらう事にしたよweep

投稿: やま | 2008年2月15日 (金) 03時24分

>やまちゃん
いいなぁ。私もイギリス在住で花束プレゼントされたかった!(って誰かくれるのかしら)やまちゃんバイトがオフなんてラッキーのようなそうでないような?
誰かサプライズプレゼント持ってふらりと現れなかった?家庭教師なんて色気ないねぇ・・(ってウチといい勝負)

投稿: しー | 2008年2月15日 (金) 10時10分

今年のバレンタインheart02は、present勝手に決め birthdayチョコも世田谷の粕谷の交差点に出来たばかりのケーキ屋さん(お台場にあるかなり有名店)で勝手に買ってきて、各自(うちの三人衆)に渡しておしまい。チャンチャンsweat01  ただのイベントっぽく?そっけなく?終わりました。
ただ…「ママの事世界一、、、宇宙一好きだよ~」って、斗夢に気を使ってもらいました。  いつまで、言ってくれるのかしらcoldsweats01

投稿: satsu | 2008年2月15日 (金) 16時35分

>satsuちゃん
おー母エライ!ちゃんとバレンタインやってるねぇ。そしてトム。君って子は何て可愛いんだ〜〜〜宇宙だって。きゅぅーん。今度「しーちゃんの事も好き!」って言ってくれないかなぁ(真剣)

投稿: しー | 2008年2月15日 (金) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢と、日本と世界と宇宙と。 | トップページ | 母を超えた日 »