« 香る夜〜イタリア料理店フィオッキにて〜 | トップページ | 「死と向き合う」そして映画「おくりびと」 »

さすが見つけ上手さん!

人にはいろんな才能があると思う。

例えば、一回会った人の顔を忘れない。
例えば、買い物に行く暇がなくて期待を込めて開けた冷蔵庫の中には野菜の切れっぱしとコンニャクしかないんかい!って時もパパッと美味しいご飯が作れる。
例えば、やたらとタイミングがいい。

自分の中でも「もしや私けっこういけてるかも…」なんて思う部分が誰しもあると思う。
はて自分は?と考えると…
「ご飯を残さない。やたら前向き。」辺りしか思い浮かばないのがちょっと腑に落ちないのだがだが。

うちのソーさん、彼がとうとう先日宣言した。満を持しての宣言だ。
「ママ!これから俺の事“見つけ上手さん”って呼んでね。」

これには家族一同、誰も異を唱えるものがいなかった。
だって彼は数々の伝説を送り出しているのだ。

たとえばミクが、命の次ぐらいに大事な「チビイル」(直径2cmくらいの探す気になれないほど小さなイルカのマスコット)を無くしたとき。
ソーは手押し車の後ろに挟まっているそれを発見した。

たとえばオットが掃除機をかけているとき。「やけに今日の掃除機は変な音がしてるなぁ」と思っていたらソーがゴミ箱から掃除機のフィルターを抱えてきて「これ忘れてるよ。」
忘れる方も忘れる方だが、発見した君はやはり才能があるといえよう。

そして、絵の中によーくよーく見ると動物がかくれているという絵本。背景と完全になじんでいたり、どう頑張っても私もミクも探せないネズミやウサギを、ソーは「ここにいたぁ♪あ、ここにもいたぁ♪」と探し出す。

すごい!君は本物の“見つけ上手さん”だよ。みんなが口を揃えて言う。
ソーは(自分から言い出したくせに)テレながら
「ミクちゃんは“お絵かき上手さん”だよね〜」
人の才能を見つけ、誉めることも忘れない。

あっぱれソーちゃん!

Img_2662

本日のお花:野菊

大好きな、野菊の香りが漂う季節となりました。

和の香りは日本人の心に優しく届きます。

|

« 香る夜〜イタリア料理店フィオッキにて〜 | トップページ | 「死と向き合う」そして映画「おくりびと」 »

コメント

可愛い過ぎる。
ソーイやるな!
キミら、やけにまぶしい家族じゃねーかー!

投稿: ナツ+ | 2008年11月14日 (金) 14時51分

>ナツ+くん
ナツくんも家族に入る?ただし次男のポジションしか空いてないけど…(ソーに顎で使われるかも♪)

投稿: しー | 2008年11月14日 (金) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香る夜〜イタリア料理店フィオッキにて〜 | トップページ | 「死と向き合う」そして映画「おくりびと」 »