« あっぱれ紙専門店と、気になる癖。 | トップページ | アホ夫婦の大失態 »

乳がんと牛乳

Img_3016 「たまに、このスイセン、むぅ~っと急にいい香りがする時があるんだよねー」

「ミクもそう思った?私もちょうどそう思っていたときだったんだ。なんだろうね、外からの日差しが当たったときなのかな~」

リビングのテーブルに活けてある水仙。私はパソコンをしながら後ろから流れてくる濃厚な香りに気づき、ミクはテーブルで絵を描きながらのふとした会話。他、もしかしたらお花の存在にも気付いていないかもしれない男子約2名(笑)

さて、今日はちょっと真面目な話。

通勤がなくなったのでなかなか本を読み進められないこの頃、ようやく2か月以上かけて読み終わった本の内容をブログを読んでくれているみなさんにもお伝えしたくて。

「乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか」 ジェイン・プラント著

英国で2000年に初版されて、日本語版が出版されたのが去年の10月。

著者のジェイン・プラント教授はイギリス人で、地球科学の科学者である。彼女は42歳で乳がんになり、乳房切除をしたがその後も4回乳がんを再発し、最後はリンパ節にまで転移した。

彼女が一般の患者と違ったところは、物事をいろいろな角度から見て分析するという科学者の考え方で、うわべだけを取り繕う対症療法ではなく、根本の原因を探り当てたということだ。その科学者ならではの推理の過程が面白いし、私たちに最もなじみがあるこの食品「牛乳」と、乳がんや前立腺がんの因果関係に慄然とする。ちなみにプラント教授は、この発見が医学界に偉大な貢献をしたということで英国王立医学協会の終身会員に推挙されている。

牛乳は「自然が生み出した完璧な栄養食品」と教えられ、日本人にとっても生活に密着した飲み物だった。しかし、実際のところ牛乳とは1日に1キログラム体重が増える「子牛のための」飲み物なのだ。すっかり体が成長してしまったましてや「人間の」飲み物ではない。

この本を読んでいると、自然に逆らわず自然を乱さず、自然を尊重して暮らすことが人間の平安にもつながるということを感じる。農薬をたっぷり使った土壌、抗生物質入りの家畜の餌も然り、結局自分の首を自分でしめている私たち人間なのだ。

とはいうものの、特に健康も害しておらず危機管理の薄い私としては、完全に健康第一・自然第一でいくストイックさはまだない。半年くらい前から牛乳は(別の理由から)豆乳で代用していたものの、チーズは大好きだし、乳製品たっぷりのお菓子にも目がない。外食にいたっては何でもあり状態。

でもたとえば、ケーキと和菓子で迷ったら和菓子。洋食と和食で迷ったら和食。お財布の中身と相談しながらできるだけ有機野菜を選ぶ。など、小さなことだけど、指針を持つ事でそんな風によりよい選択をしていけたらと思う。

そしてもしまわりで乳がんや前立腺がんを発症した方がいたら、ぜひこの本のことを思い出してほしい。死を強く意識させる「がん」という病気をを自分の力で治すことができるという、大きな希望を与えてくれる一冊なのです。

|

« あっぱれ紙専門店と、気になる癖。 | トップページ | アホ夫婦の大失態 »

コメント

牛乳については賛否両論の説があるよね。
わたしも「どうやら過信してるほどカラダに良い飲み物ではないらしい」と思ってはいるけど、
ミルクだっぷりのカフェオレを毎朝楽しみにしているし、やっぱり生活から切り離せないね~。


けどね、まだナオに授乳していた頃、義母に
「1歳すぎてまだ母乳あげてるの?そろそろ牛乳に切り替えたほうがいいよ。栄養が足りなくなるよ」といわれて

「なんでこんなにたくさん母乳が出てるのを、わざわざ牛の乳で育てなきゃいけないんだ!私の子は私の乳で育てるからいい!」とケンカ売りそうになったのを思い出したよ。

投稿: あこ | 2009年2月 1日 (日) 22時43分

>あこちゃん
そうなの。どうやら過信だったようなんだよ。
この本を読むと牛乳はタバコと同じく嗜好品なんだっていうことに気づくよ。私は家ではソイラテだけど、外ではもちろん牛乳たっぷりの「カフェオレ♪」完全移行できない中途半端なワタシ^_^;
そう、それで義母さんみたいな考えがまだ根強く残っているのは日本政府の態度が煮え切らないからなんだよね。酪農業界とのうんぬんかんぬん…まぁどこの世界にもあるよね。

投稿: しー | 2009年2月 2日 (月) 09時32分

こっちに来てから、朝食は毎日シリアルに牛乳なんだ・・・もう1年半も。牛乳飲まない方がいいんだね。
豆乳に変えた事あるんだけど、こっちのって超~薄くて不味いだよね。砂糖とかビタミン剤とか色んなのが混ざっちゃってるし。。。
豆乳飲むと肌が全然違うって言う友達も、こっちの豆乳飲んでも何も変わらないって言ってて、ちょうど日本の豆乳が恋しくなってる今日この頃です :'(

投稿: やま | 2009年2月 4日 (水) 20時53分

>やまちゃん
うーん、健康の事ばかりに気を付けて楽しみのない食生活っていうのは味気ないので、絶対やめて!とは言わないけど、まぁ避けておくにこした事はないかも。
豆乳は日本の方が美味しそうだよね(笑)成分無調整のものってそっちはなさそうだもんな~
あ!そうだ。英語版は一番最初に出ているはずなので読んでみては?
PROFESSOR JANE PLANT
「YOUR LIFE IN YOUR HANDS」(ドキッとするタイトルです、笑)

投稿: しー | 2009年2月 5日 (木) 11時17分

我が家も食事には極力気を使っています。
地産地消、有機野菜、オーガニック野菜etc
ついつい経済的な問題で特価品に手を出すこともありますが・・・

何がいいって、健康もそうですけど 何より美味しい!!
こないだ頂き物のオーガニックのブロッコリーを茹でたのですが
何も付けなくても十分美味しかったです!!

カフェオレはついついLサイズやGrandeで頼んでしまうのですが
ちょっと気をつけます。

投稿: うっち~ | 2009年2月 7日 (土) 12時21分

>うっち~
おー!さすがでございます!(あっでも有機とオーガニックがかぶっています、笑)
経済的な理由でつい特価品に手を出すあたりは私と同じかと^_^;
我が家は生協の宅配の有機野菜セットをたのんでいるんだけど、これが新鮮で味も濃くておいしい!野菜の魅力新発見って感じでした~
カフェオレはやっぱり美味しいよね!ソイラテも慣れると美味しいんだけど、ナンバーワンにはならないかなぁ…

投稿: しー | 2009年2月 7日 (土) 21時41分

今度、図書館で本探してみます!
ところで、こっちの牛乳って3種類あって、全牛乳と牛乳とスキムミルクのMixと全スキムの3種類。
私はいつもハーフ&ハーフを買ってるんだけど、全スキムだったら大丈夫なのかな~?
それから、私はミルクのカフェオレよりソイラテの方が好きで日本にいる時はいつも豆乳で作ってたんだけど、こっちのはなぜかコーヒーに混ぜると分裂しちゃって飲めないんだ。成分調整し過ぎてるからかな~???

投稿: やま | 2009年2月 8日 (日) 09時35分

>やまちゃん
えーとね、本にも書いてあるけど、脂肪はほとんど関係ないんだ。だから脱脂でも普通の牛乳でも残念ながら影響は同じじゃないかな。
あと、ソイラテはこっちでもめっちゃ分離します(笑)豆乳鍋とかもすごいことになります。沸騰させるとダメみたいね~アイスコーヒーだと問題ないもんね。

投稿: しー | 2009年2月 8日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あっぱれ紙専門店と、気になる癖。 | トップページ | アホ夫婦の大失態 »