« 待ちわびる少女 | トップページ | オレオレ、4歳。 »

箱根一泊旅行 ~今後の課題~

両親にプレゼントして喜ばれたもの。それはダントツで家族全員もちろん孫付きで行く「旅行」。
そんなわけで、お疲れ気味の両親への久々のプレゼントは「箱根」。
旅行といえば外せないポイントがいくつかある。

ひとーつ!少々お高くついても全員が乗れるレンタカーを借りてみんなでワイワイ賑やかに行くこと。

ひとーつ!三度の飯が何よりも大好きな食いしん坊家族のために、食事の内容は重視すること。

ひとーつ!夜中まで存分に楽しむために出来るだけ一部屋の大部屋で泊まること。

ひとーつ!温泉命の母のために、温泉のしょぼい宿は避けること。

そんな条件を満たすために私が選んだ今回の宿は、富士山が見える温泉が売りの、とあるホテル。
口コミを見ると温泉や食事に定評があり、そこそこ満足度が高い様子。

本当は富士屋ホテルのようなレトロなホテルにも泊まってみたかったし、芦ノ湖を見下ろす山の上ホテルのようなところも魅力。食事・温泉・空間・金額の黄金比はなかなかバランスを成さず。でもフレンチだと大騒ぎで興奮した子供達が迷惑をかけそうだし、温泉が小さいと食事の後に外の温泉に出ることになったりして落ち着かないもんなぁ。
そんなわけで自分の頭の中でそこそこバランスの良いセレクトをしたつもりだったのが今回のホテル。

Img_3171 ホテルに入った時の第一印象はなかなか良い。豪華なシャンデリアに生演奏のピアノ。ウェルカムドリンクをすすめられ、すすめられるままにグラスに入った果汁100%のオレンジジュースを飲み…いや、これは果汁が5%しか入っていないな。(姉談)まぁ、それはさておき、中央に飾ってあるお花の素晴らしいこと!…え?チェックしてきたら造花だったって?(ミク談)あぁ、まぁ、まぁ、そういうこともあるでしょうね。エレベーター前に飾ってあったドライフラワーのアレンジメント…かと思いきや生花が枯れていただけっていうものあったっけ ^^;

そして覇気のないベルボーイに案内してもらい…期待に胸をふくらませて部屋に入ると~!

「狭っ!」「しかもワタワタ(綿ぼこりの愛称)がふわふわ部屋を漂ってます!!」とても殺風景な部屋に、一同無言であります(笑)

ここまでくるとさすがに「あ、今回完全に外したな!」って思うでしょ?

でもね、窓から外を見てびっくり。

Img_3174 「おぉ~富士!!」

凛、と美しい富士山がゆったりと裾野を広げてまるで絵のように佇んでいました。

やっぱり富士山はいいね。
なんて優しい山なんだろう。
急に心がふっとほどけて安らかな気持ちに…

雪を纏った美しい富士を眺めながらの露天温泉は最高。夜の懐石料理はもなかなか美味しく、みな大満足。「今日は飲むぞ〜〜」と豪語していた男性陣、瓶ビール2本であっけなく撃沈。私と姉は皆が寝てからラウンジにケーキセットを食べに行こうと目論んでいたのに(ちゃんとティーラウンジのお姉さんにケーキの在庫まで調べておいた、笑)こちらも撃沈(笑)せっかくの大宴会予定が早々就寝となった1日目だったのでした。

次の日は寿命を7年延ばすため?黒たまごを求めて大涌谷へ。そういえばここは三度目の挑戦。一度目は今年のお正月に車で来たのだが、気分でフラフラ箱根まで来たので下調べ不足で辿り着けなかった。(硫黄の匂いはプンプンしてたのでかなり近くまでは行った様子)、二度目は昨日の夕方、ホテルから徒歩で「ハイキングルート」を辿って大涌谷へ。ハイキングっていうか、登山だよね?とソーやミクたちもハァハァ息を切らして辿り着いた頂上。「黒たまご売り切れ」って……得るものなしの下山は切ないんですけど……T_T
ということで三度目の挑戦は「二度あることは三度ある」のか?「三度目の正直」ということで吉と出るのかと気を揉んでいましたが、無事にホカホカの黒たまごにありつくことが出来、みんな無事7年寿命を延ばすことに成功。黒たまごは、要は殻が真っ黒なだけであり、むいてしまえば中身は普通のゆで卵のようなものなんだけど、これが「ぽわん!ふわん!」とした食感でなかなか美味しかった。富士山を目前に、風に吹かれながら温かなゆで卵を食べるっていうシチュエーションも良かったのかな。

それにしても箱根は外国人が多いね。日本人の私たちが外国人と感じるほど、大涌谷も、子供たちを遊ばせるため連れていった彫刻の森美術館も外国人だらけ。
そして箱根は完全な観光スポットのため、どこに行っても人が溢れ、どこに行ってもお金がかかる。

何だかんだ言いながらもなかなか楽しめた旅行だったけれど、やっぱり私は安曇野みたいな場所が一番好きみたい。

泊・遊・食すべて大満足の旅行をいつか企画してみたいものです。

|

« 待ちわびる少女 | トップページ | オレオレ、4歳。 »

コメント

なんとも素敵な雰囲気の写真。
さすがしーちゃん。このセンスshine
たまたまお部屋に綿ぼこりが転がってきたのでは?ハハハ
それにしても、いいね~富士山fuji心を奪われるよねlovely 私も大好きです。

しーちゃんのご両親は幸せ者。
素敵なご両親に育てて頂いたから、しー姉妹も素敵になったのかぁ~うん。納得heart04

投稿: satsu | 2009年2月23日 (月) 11時05分

>satsuちゃん
腕がいいんじゃなくて、富士山というモデルがすごかったのでした~
じゃぁさっちゃんと2人で富士好きクラブ結成(なんだそれ、笑)
ワタワタのおかげでハウスダストにアレルギーがある私は咳がとまらなかったのでありますが、まぁそんなことも笑える思い出のひとつ^_^;

投稿: しー | 2009年2月23日 (月) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待ちわびる少女 | トップページ | オレオレ、4歳。 »