« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

フラメンコとガラスイヤリング制作の週末

週末は友人のフラメンコのライヴに出かけました。

行く前に腹ごしらえとしてラーメンを替え玉までしていったのに、ライブ先でもボリュームたっぷりの、お食事といって過言ではないほどの「おつまみ」がついてきました。そんな「おつまみ」を頂きながらのライヴ。

久々に観た友人は踊りに切れと指先まで神経の行き届いた豊かな表現力が加わり、素晴らしい貫禄!ものすごく格好よくてドキドキしてしまいました。

ちなみに、舞台でのお化粧を落として私たちに挨拶しに来てくれた彼女はさっきまで激しく踊っていた人と同じ人とは思えないほどのおっとりとした可愛い笑顔。この変化がたまらない(。-_-。)のですよねぇ~

そして昨日は「ピヤス・イヤリング教室」へ。

こちらは近所の友人がステンドグラスを習っている関係で、その先生を招いてのお教室でした。

まずはじめに好きな色のガラス玉を選ぶ…のですが、これが綺麗な色、輝きもいろいろあって迷いまくりです。

私はブルーと玉虫・茶系で迷い…結局茶系に決定しました。チェーンは長め、下に付けるスワロフスキーなども自分で選び、いよいよ制作開始!

綺麗に拭いたガラス玉の淵にカパーテープを巻き、棒のようなもの(きっとちゃんとした名前がある)で密着させていきます。この辺でもう指が攣りそうになってきます。その後、フラックスという液を下に塗り、いよいよハンダの登場!熱くなったハンダゴテの先にハンダをとって、テープの上に上手に塗り重ねていきます。

上手に…なんて言いましたがもちろん最初からうまく行くはずがなく…「あぁっ」「ぎょー!!1か所だけ盛り上がったー」なんて大騒ぎしながら作業は続きます。ここで軽い肩こりがおきますが、作業は更に精密に…ワイヤーを小さく丸めてチョッキンし(あちこちから紛失騒ぎ勃発)、イヤリングのパーツ、そして下にぶら下げるパーツを付ける輪っかの取り付け。もう私のイヤリングには一生輪っかがつかないんじゃないかと思うほど時間が掛かりました(-_-;)lll

Img_3728 まぁそんなこんなで大変な思いをしてようやく完成したのがコチラです。

自画自賛だけど、とても素敵~~ヽ(^o^)丿

でもよく見るとすごくデコボコ。私ってこんなにぶきっちょだったのね…と思い知った日でした。

ステンドグラスの先生のホームページはこちら

http://web.mac.com/koubou.mm/iWeb/7FEAA2D7-93C5-48C5-B873-334D0EED7B98/Welcome.html

実際に見せてもらった作品が、今までのステンドグラスのイメージとはまるで違うものでした。海外から買い付けたという綺麗なグラデーションのガラス、そして色の組み合わせも素敵です。「たいくつうさぎ」シリーズなどは可愛くてキューン!いつか個展にも行ってみるつもりです(*^_^*)

| | コメント (6)

新緑と成長と(後退気味の誰かと)。

Img_3656 最後に控えていた八重桜もそろそろ終わりを告げようとしていますね。

これからは目にも鮮やかな新緑の季節。

高校時代の美術の授業で風景画を描いていたとき、先生が「これからの季節はどんどん緑が濃くなっていくので、毎週景色が変わるよ!」と言っていたのですが、

絵具を持って外に出て自分の構図である景色と向かい合って驚いたのを毎年この季節になると思いだします。

ほんとに!驚くほど前週と景色が変わっているのですよね。いくら色を重ねても次の週にはまた緑が濃く、葉がたくさん増えている…生命の力強さを感じたその授業は貴重な体験でした。

そういえば、うちのソー(4歳)も、1か月で身長が2cmも伸びてました。

厚切りパンを食べた朝食後、「お腹すいたよー」ってまた泣きながらパンを請求し、バナナを食べてお昼前に「ご飯まだ(;_:)」って…しかも無駄な肉がついておらずスリムなソー。

ニョキニョキぐんぐん、メキッ!って音がしそうな成長を感じます。

ところで、私の方は慌ただしい4月の真っただ中。

子どもたちが保育園、小学校、学童に所属していると、それぞれで保護者会や総会、役員決めなどが4月に一気に押し寄せます。うかうかしてると、その中の一つを平気で忘れ去ってたり(経験済)と、うっかり者には心臓が痛い季節です。

昨日は、夜中にハッ!と、次の日ミクがお掃除に使う雑巾を持っていくことを思い出し、寝不足でボケボケした頭で、雑巾にゴムと洗濯バサミをつけたものを縫いつけ、次の日無事持たせた…のですが、

ねぇワタシよく考えてみて?洗濯バサミにゴムを通して、そのゴムの先を雑巾に縫いつけたら、あーた!雑巾から洗濯バサミが離れないじゃありませんかヾ(´゚Д゚`;)ゝ

やったね~ワタシやっちゃったね~

今頃、洗濯バサミをつけた雑巾でミクがお掃除してるのかな…ごめんねーって思いながらも、自分のアホさ加減に笑ってしまった。。

Img_3682 写真は、最近「お花をプレゼントするとママが喜ぶ!」と気づいたソーちゃんからのプレゼント。

あのね、これはハルジオンといって、母さんが小学生のころは「貧乏草」と呼ばれ、『摘んだら貧乏になる』と、誰も触れようともしなかった花なんだよヽ(^o^)丿

…とは言わず、「可愛い~ありがとう!」と、只今もカウンターの上に飾ってあります。貧乏になったら(え?すでに?)ソーちゃんのせいってことで(笑)

| | コメント (5)

簡単!美味しい!3連発♪

最近おすすめの簡単で美味しいものを紹介!

☆コーヒー味のビスケットケーキ

Img_3647 なんでこれを作ることになったかと言うと、賞味期限を過ぎてしまったビスケットがあったから。保育園で非常食として保管してあったものが毎年、年度末に(しかも賞味期限ぎりぎりに)配られる。子どもたちも興味本位で1枚くらいは食べてくれるものの、残りはラップに包まれたまま。甘いもの大好きの私も、乾き系は実はあまり得意ではなく(しっとり系は大歓迎)ビスケットの行く末が非常に気になっていた。

そしてある日思い出した。乾き系をしっとり系に変えてしまう魔法を!!

あれは中学の頃だった。友達と持ち寄りでクリスマス会をやったときSちゃんが作ってきてくれた一品がこんな感じのデザートだった。「おいしい!おいしすぎる!!Sちゃん天才!」って思ったのを覚えている。レシピはたしか超簡単で、「ビスケットをコーヒーに浸して、生クリームでサンドしていくだけだよ!」

ビスケットをコーヒーに浸けすぎるとぐしょっとなってしまう。あと、生クリームのお砂糖は控えめにして固めにホイップ。生クリーム→ビスケット→生クリーム→ビスケット…を3,4回繰り返すとミルフィーユのようなリッチな仕上がりに。冷蔵庫で半日くらい固めると尚良し!そのポイントさえ押さえていればあら不思議!ビスケットがいい感じにしっとりとスポンジの役目を果たし、コーヒースポンジの生クリームケーキが出来上がりです♪

☆ホームベーカリーをお持ちの方はぜひお試しあれ!ココナッツミルクと黒糖パン

我が家のホームベーカリー生活も早1年であります。ほぼ毎日、この1年のうち340日くらいは焼き立てパンの香りで目覚めているかな。ホームベーカリーのパンって飽きるって聞いていたけど、今のところパンが食べたくてワクワクして起きているぐらいだから、大丈夫そう。飽きない要因としては、毎日「チョコチップパン」「レーズンパン」「くるみパンのサンドウィッチ」などと中身を変えているのも大きいと思うけど…

で、ついに最近トップオブザホームベーカリーが決定しました!(オット考案)水や牛乳の代わりに我が家では豆乳を使ってたんだけど、それをココナッツミルクに変え、途中投入で黒糖を。

も~この組み合わせ最高です!まずは、ココナッツミルクを使うとホテルブレッド並みのしっとりとした絹のような触感のパンに仕上がります。生クリームもバターも使っていないなんて信じられないくらい。そこに優しい風味の黒糖が加われば、パン職人もびっくり!な高級食パンの出来上がりです。あまりに美味しくて家に大量にあった黒糖を使いきり、また買いに走りました。黒糖はカルシウムを多く含んでいて体にも優しい、なんて良いことずくしの優秀パンです♪

☆レンジでチンするだけの山芋ちゃん

毎年この時期になると実家に大量の山芋が送られてきます。それで私も何本がもらって帰るんだけど、すったり焼いたり揚げたり生のままサラダにしたりとそりゃーレシピも広がるよね!と思いきや。

Img_3642 我が家ではこれ一辺倒で…だって美味しすぎるんだもん。

簡単すぎてレシピというほどのものでもないコチラは、山芋の皮をむいて1cm幅に切ったものをお皿に並べてレンジで1~2分チン!それに塩と粗びき胡椒、オリーブオイルをまわしかけて召し上がれ!

これがね~実は一番おすすめかもしれないぐらい、美味しい!

毎日食べても飽きない!どんなに大量に作っても残ったことがない!実家に行っても毎回出てくる!みんな大好きな一品なのです。

よーく温めればホクホクに。1分くらいで切り上げればシャッキリ感が残った歯触りのいい感じ。私は断然シャキシャキ派。

「んなの食べなくても想像できるよ!」

なんて言わずに、ぜひぜひ明日の夕飯のおかずにでも加えてあげてください♪

| | コメント (6)

お花が運ぶ春が来た!

今年の桜は美しいですね~

満開になる前に花散らしの風が吹いたり、待ち切れず緑の葉っぱが顔を出して薄ピンクの桜の邪魔をしたり…なんていうこともなく、どの桜も見事に咲いている今年。日差しはぽかぽか暖かいし、外を歩くだけでお花見気分で、やっぱり春っていいなぁ…って思わずにはいられません。

お花大好きのミクは、そんな満開の桜に囲まれて小学校の門をくぐりました。

Img_3556背中にゆれる赤いランドセル。

生まれたての小さなミクを抱っこしたあの日はいつだったか。オムツをつけたお尻をフリフリしながら踊っていたあの日はいつだったか。

まったくいつの間にかこんなに大きくなっちゃって。

  

入学式の後、一緒にお花屋さんに行き、ベランダに植える春のお花を仕入れてきました。

Img_3562 あっちにしようか、こっちのヒラヒラの方にしようか。このオレンジとピンクのグラデーションは珍しい…。バラもいいがガーベラも捨てがたい。。

お花選びの真剣さは、さすが私の娘(笑)

たくさんのお花を選んで、なんだか溢れるパワーをもらった気分!

レジの近くにひっそりと置かれていたスズランを最後にカゴに入れてお買いもの終了。

スズランの花言葉は【幸福の訪れ】。

Img_3568 ちなみに、今わたしが使っている香水も“リリー オブ ザ バレー”。そう、スズランの香りなんです。

訪れちゃうかもね、幸福。

| | コメント (6)

新生活の朝に。

4月1日、新生活をスタートされる方も多いのでしょうね。

ミクも今日からはじめての学童へ。

正直、学童に入れるのは迷いました。私は自宅で仕事しているし、絶対に入らなければいけないわけではない。でも私は仕事で外出することも多いし、長い夏休みなどに遊んであげることも出来ない。新しい小学校にはお友達もほとんどいないので、かなり引っ込み思案の彼女がお友達と遊ぶ楽しさを見つける場になってくれればいいなぁという思いもあり。

結局、小学校の入学式を前に学童に入れることにしたのですが、今朝小学生のお姉ちゃんに交じって不安そうに歩く小さな背中を見ていたら、どうしようもなく切なくなってしまった。

心の中で「楽しんでおいでね!」って何回も語りかけた。頑張れ!じゃなくて、楽しんでこれたらいいね、って心から。

ミクを見送り、ソーを自転車の後ろにのせて保育園に登園するとき「ねぇ。ミク大丈夫かなぁ。母さん心配だよ。楽しんでくれるかなぁ…」と涙声で、どうやら心配ごとの相談ばかりを口にしていたようで、

ソーに「ママ、悲しいの?ミクちゃんいなくて悲しいの?大丈夫だよ!帰ってきたらオレがいっぱい遊ぶから」って励まされました。

そうだよねー。私も過保護なところがあるからなぁ。

きっと子供は親が思っているよりもずっと逞しいんだと思う。

ついつい厳しいことを言うことが多くなってしまう困った母親だけど、新生活で気持ちが落ち着かないミクをせめて優しく迎えてあげられたらいいな。

ミクを含め、今日から新しい生活が始まるみんなに、心からエールを送ります。

Img_3422 いいスタートと、それに続く素敵な日々が待っていますように。

| | コメント (6)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »