« 今年は台風とともに7歳。 | トップページ | 祖父と阿蘇のこと »

秋のベランダと、オペラの夕べ

Img_4529 「俺、この紫のツブツブがい~~!」

紫式部ですか。和ですねぇ…

「あたしこの…この…えーと、コスモス?」

ダリア、深くて綺麗な色だね~

「これ、どう?」

シクラメンときたか…、ま、どうしてもというなら…

見事にみなさんの意見がバラバラ。イギリス庭園が遠のく…(ま、もともと近くなかったけど)

久々に訪れた園芸店は、秋の花がずらりと勢ぞろい。

たくさんの花を抱えて帰ってきたあとは、ミクと2人でベランダの手入れ。マリーゴールドはごてごてしてて昔は苦手だったのに、香りが清潔で優しいからかなぁ、それとも眩しいほどの明るさに惹かれて?5鉢も購入。

ソーの背より大きくなった大きくなっていたゴールドクレストが今年2本も枯れてしまい、それを抜くのがえらく大変だった。葉がすべて針のようだから(小さい時はあんなに柔らかかったのに!)プランターから抜こうとちょっと触れるだけでも「痛っ!」「くぅ~~っ!こいつめ!」なんてミクと大騒ぎしながらどうにかこうにか抜いて、太い幹を折りながらポリ袋に入れるだけでもくったくた。

その後方々に飛び散った土を箒で掃き、水を流しながらデッキブラシで床をごしごし。ガーデニングは肉体労働だなぁ、と力尽きたわたしでした…

でも重労働のあと、部屋から眺めるベランダは素敵。西日を浴びたお花たちが元気に咲き誇っています。

仕事に行く時、自転車から見上げるベランダがまたいいのよねー。

--------------------

昨晩は姉出演のオペラへ。

「ドン・ジョヴァンニ」は何回か観たことがあったけど今日が一番面白かった~

会場はコンパクトだったけど音響もいいし、生オケはチェンバロが耳に心地よく。

役者揃いで、迫力の歌声とともに、かなりドキドキハラハラさせられた2時間半でした。

それにしても、あそこまで好色のドン・ジョヴァンニは呆れを通り越して面白さ全開!

お金があって甲斐性があってマメで少々のことではへこたれない粘り強さがないと、ドン・ジョヴァンニにはなれないので…

かなり狭き門だと(笑)

あ~~人生経験に、もう1回観たいぐらいです。

|

« 今年は台風とともに7歳。 | トップページ | 祖父と阿蘇のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年は台風とともに7歳。 | トップページ | 祖父と阿蘇のこと »