« ワイドショーネタ | トップページ | 今年は台風とともに7歳。 »

「パンダのシズカくん」

Img_4506 本日も雨模様。

明日は中秋の名月が見られるかな…。

←我が家ではピンポン菊と上新粉でスタンバイ。

10月に入って時間的余裕ができたので、子どもたちの「寝る前の絵本」を再開。

ミクが図書の時間に借りてきた本の1冊のタイトルがものすごく気になっていたわたし。

その名も…

「パンダのシズカくん」

ジョン・J.ミュース(作・絵)/出版社:フレーベル館

この絵本を読んであげながら、実は自分がものすごく引き込まれた。

そばで聴いていたオットも、読み終わったとき「おぉ~~~」って言ってました。

パンダのシズカくんは、お友達になった3兄弟に、それぞれの心境に合ったお話をしてくれます。

その内容は禅の心に基づくもので、ちょっとしたユーモアもありつつ、ふと考えさせられて心に残るお話が印象的でした。

↓たとえば一番年下のカールくんに話してあげたお話。(あらすじ)

-------------------

川を渡ろうとしたけれど、着物が濡れる!とお付きの者に怒っていた女の人。

若いお坊さんは、そんな場面に出くわし、素通り。

年上のお坊さんは、女の人をさっとかかえあげて向こう岸まで連れていってあげた。

女の人は、お礼も言わずに行ってしまった。

しばらくして若いお坊さんが我慢できなくなっていった。

「あの女はわがままで不作法だった。あなたが向こう岸までつれて行ってあげたのにありがとうも言わない!」

「それは、とうにおわったことじゃ」と年上のお坊さん。

「どうしておまえは、まだあの女をおんぶしておるのじゃ?」

--------------------

あるね、こういうことってある。

でもそういう時って自分では気付けないんだよね。

パンダのシズカくん、うちにも遊びに来てくれないかな。

(シズカちゃんならいるんだけど…、笑)

|

« ワイドショーネタ | トップページ | 今年は台風とともに7歳。 »

コメント

前に禅の本を読んだときに同じ話が載ってたけど、
まさか子供用の絵本に採用されてるとはね。
欲だけじゃなく作法や正しさとか正義とかにも
心は囚われやすいっていう、なかなか深い話だよね。

投稿: ナツ+ | 2009年10月 4日 (日) 18時44分

人間の心は囚われやすいねぇ。それで囚われていることにも気付かないのだね。
そういえばお兄ちゃん・マイケルへのお話「農夫のしあわせ」に出てくる農夫はナツ+さんっぽかったよ(しゃべり方まで)

投稿: しー | 2009年10月 4日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワイドショーネタ | トップページ | 今年は台風とともに7歳。 »