« 2009年の終わりと、夢の価値 | トップページ | 映画「渋谷」 »

2010年

Img_4975 ちょっと出遅れましたが、

2010年。今年もよろしくお願いいたします!

新しい1年、キラリと光るいい事がみなさんの上にありますように。

お正月はイタリアンおせちを持って実家へ。大人は昼間からワインで乾~杯!!

デザートは福砂屋のカステラ。

子供たちはお年玉の勘定をした後、暗くなるまで外で駆け回ってほっぺを真っ赤にして帰宅。

そんな、去年となんら変わらぬ正月の風景でした。

なんら変わらぬお正月がこれからも続けばいいなぁ。

  

さてと、今年はどんな1年になるだろう。

エンジン停止状態(つまり寝正月を引きずっている)私は、まだ「今年の目標は!」なんてイキのいい事は言えません…

でも、毎日を大切に過ごしたいな、と思います。

前回の日記に引き続き、夢は欲張りなほど持ってね(*^_^*)

  

今日はすごーく懐かしい人から電話をもらいました。

私が就職する直前までピアノを習っていたM先生。

M先生って、ピアノだけじゃなくて心の中も見えるんじゃないか?って思いぐらい、心が深い、哲学者のような先生でした。

「今ね、お姉さんのところにも電話したのよ!あなた、逞しく頑張ってるみたいじゃない」

先生の懐かしい声を聞いたら、心が子供の頃に戻った気がした。

まぁ、なんとかやってますよ~あははは…と笑う私に、

「今はね、いろんな事件もあるし、人もみんな脆くて不安定よね。でも大丈夫よ!あなたの家系は大らかで細かいこと気にしないからね。それが一番なの!」

新聞を読めば美しい日本はどこへやら、与党の政策に未来の日本を暗澹とした気持で想像し、ニュースから流れるのは人の心が失われつつあるような事件ばかり。

なんだか、日本がどんどん寂しい国になっていくのが、辛い。

辛いというより、残念でしょうがない感じか。

M先生は、ふわりと柔らかい毛布を与えるように話し続ける。

ミクロの私たちは、視野は広く持ちながらも、自然に感謝しながら大らかに生きるのが幸せに近いのかもしれないなぁ、なんて思った七草粥の日の夜でした。(作ってないけど…)

|

« 2009年の終わりと、夢の価値 | トップページ | 映画「渋谷」 »

コメント

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

ここにのぞきにこさせてもらい、いつも【ホッ】をいただいてます。japanesetea
かわききっているこのご時世。生活だけは潤いを…

オアシスのしーちゃん。ありがたやありがたや。いつもありがとうheart01

投稿: satsu | 2010年1月 8日 (金) 12時27分

>satsuちゃん

今年もきっとお世話になりっぱなしですm(__)m
おバカなネタには事欠かない西のベランダ…
いつも心優しいコメントをありがとう~(*^_^*)

投稿: しー | 2010年1月 8日 (金) 17時27分

先生の言葉は笑える(笑)
やっぱり、そうなんだぁ~

話は戻って、普通って維持するのが大変なんですよね。
当たり前が当たり前と思うのは違うのかと・・・当たり前を感謝していくべきかな。
なんて、思います。

今年も家族で上京を必ずしますよ~!!!!!

投稿: futsalhamada | 2010年1月 8日 (金) 22時19分

>futsalhamadaさん

やっぱりそうらしいですよ~(笑)

「当たり前」の貴重さに気づけば、その先の人生は豊かになると思います。

今年もお待ちしてますよっヽ(^ ^)ノ

投稿: しー | 2010年1月 9日 (土) 09時14分

今年ほど、七草粥のありがたみが身に染みた年は無かったよ…(-.-;)
そんな年齢なのか…(涙)

平穏な日々を継続して積み重ねていく事って、当たり前のようでいて難しいんだよねhappy01
日本の四季折々の行事はそう言う生活をしていく上で欠かせないモノなんだなぁ…と11日にお汁粉を作りました。
食べることばかり頑張っちゃう私を今年もよろしく~(*^皿^)b

投稿: ぽんた | 2010年1月12日 (火) 12時10分

>ぽんたさん

七草粥が五臓六腑にしみわたった?私も食せば良かったなぁ~

会社の鏡開きでお汁粉は食べたんだ。
自分で作るのが大事なんだろうなぁって思ってたところ。ぽんたさん家、いいよね~~

食べるだけじゃなく作ることも頑張ろう!と思った私を今年もよろしくヽ(*´∀`)ノ
まずは粉ものよ!そう。例のアレ買ったのよっ(笑)

投稿: しー | 2010年1月13日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009年の終わりと、夢の価値 | トップページ | 映画「渋谷」 »