« 一番好きな○○は?そして映画「インビクタス」 | トップページ | いい歳になってもワクワクするその日は。 »

雪の中であたたかな話

今日の雪は止むところを知らず、驚くほどの速さで街を白く染め上げていった。

あまりの雪の多さに、実家から車で帰るのが不安になるほど。

信号待ちで車を止めたところ、車イスの女性が必死で車輪をまわしている姿を見かけた。

大雪の中、もちろん傘もささず(させず)…でも、後ろにおじさんが付いていて、車イスを押していたので「大変だなぁ」と思いつつも安心したのもつかの間、信号を渡り終わったところでおじさんは、じゃぁ、といった感じで女性に声をかけるとまた信号を渡り、元の道を戻っていった。

どうやら、女性が信号を渡るのを手伝っていたようで。

その後女性は必死に車イスを動かそうと努力していたけれど、雪でぬかるんだ道路では殆ど車イスは動かない。

信号が変わってしまい、車を出発させながらも思わず「どうしよう!さっきの車イスの人困ってる!どうしよう。助けてあげたいけど…」と口に出して言うと、後部座席に座っていた子供たちが口々に「戻ろうよ!」「助けてあげれば?」って言ってくれた。

助けに行くということは、車と子供を置き去りにするということを意味しているのだけれど、子供たちがそう言ってくれたことで、すぐに車をUターンすることができた。

急いで元の道に戻り、「車の中で待っててね」と子供たちに声をかけ、暗闇の中の女性を探すと…なんと、さっき手助けしていたおじさんが、ヨロヨロしながら自転車で女性をおいかけているところだった。

彼女に追いつくと、自転車を乗り捨てて、彼女の車イスを押し始めた。

「家はどこですか?」そんな会話が聞こえるよう。

彼女が遠くの方を指さすのが見えた。

おじさんにも彼女にも、容赦なく雪が降り注いでいたけど、なんだか私はその光景に胸がジーンと熱くなって、しばらく立ちつくして2人を見ていた。

車に戻ると「どうしたのー」「女のひとだいじょうぶなのー」「ママいっぱい雪ついてるよー」子供たちの大合唱。

あのね…

一通り説明してると、ホッとしたのとじーんとしたので涙声になってしまい、子供たちに笑われた。

おじさん、どうもありがとう!

私も、子供たちも、たくさんの優しさを受けた気がする。

|

« 一番好きな○○は?そして映画「インビクタス」 | トップページ | いい歳になってもワクワクするその日は。 »

コメント

親が、いままさにいろいろ感じている
という背中をみて、子供たちの感情が育つ。
これからも、振り回されて生きんさい。
その方が、情緒豊かに育つんじゃない、
親は、成長や成功だけでなく、失敗や落ち込みを見せることも
子育てなんだろうから。
(あ、でも、いつも失敗ばかりじゃバランス悪いよ)

投稿: ナツ | 2010年3月10日 (水) 00時25分

>ナツさん

自分の親を思い出してみると、子供である私たちを不安がらせたり、相談されたりということはあんまり記憶にないんだよね…
思いっきり頼りない感じの親(私)だけど、親が頼りない分、子供たちが考えてくれるんだなぁ~と思ったよ。
帰ってからもずっと「おじさん、来てくれてよかったね!」「あの女のひと、きっとおじさんにありがとー!っていったよね」と持ちきりの話題でした。

ナツさんがお父さんになったら、かなりしっかり者の子供が育つ気がするんだけど…笑。

投稿: しー | 2010年3月10日 (水) 08時58分

きっと、しーさんと同じ思いでその光景を見てた人は何人かいたでしょうね。

でも、それを行動に移せることは素晴らしいことだと思います。
その背中を押した子ども達も素敵ですね!
車中の光景が目に浮かび、こちらも涙ぐみそうです(笑)

投稿: Futsal Hamada | 2010年3月10日 (水) 16時14分

とても冷たい寒いはずの雪だった。
でも、とても温かい気持ちになれました。
Uターンすぐ出来てその女性の事もおじさんの行動も見届けられて良かった。やっぱり人は支えあえ生きている。
しーちゃんやチビちゃん達が優しさを受けたモノをこのブログを読んだ人がまた優しさを受けさせていただきました。ありがとうheart01
やはり親はしっかりしないとね…うちはいつまでたってもしっかりしない親の背中を見てるからだ!と確信しましたsweat02

投稿: satsu | 2010年3月10日 (水) 17時17分

>Futsal Hamadaさん

雪の中の車イスの女性は、たとえば電車で老人に席を譲った方がいいかな…というレベルとは違い、「絶対、手助けしなくてはいけない」と瞬時に判断するものでした。それでも迷いのあった私。でもあのまま見なかったことにして帰らなくて良かった!きっとずっと心配だし、自分を責めるはずですもんね。シンプルな意見の子供たちに感謝!でした。

>satsuちゃん

うん、安心できる一部始終を見ることができて、とても暖かな気持ちで帰ることができました。人が優しくしているところを見ると、それは感染するんだなぁ、と実感です。
私は「しっかりした親」には一生なれないなぁ(笑)
だからsatsuご夫婦に会うと、心の中でいろいろメモしてるんだ~勉強になることが多くてね(*^_^*)

投稿: しー | 2010年3月11日 (木) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一番好きな○○は?そして映画「インビクタス」 | トップページ | いい歳になってもワクワクするその日は。 »