« 最近の公園事情 | トップページ | 念じてみようホトトギス »

緑に包まれる

Img_5748

新緑の奥多摩。緑が目に眩しいとは、なんたる贅沢よ…

エメラルドに近い水は澄んでいてとても美しい。

川に向かって石を遠くまで飛ばしたり、野花を摘んで歩いたり、

「まん丸の石!」「次は、模様が綺麗な石!」とお題を出して石を拾い歩いたり。

一緒に行った母は、セリやクレソンの群れを見つけて採取に忙しそうでした。

(帰ってからの、セリとお豆腐の水炊きは最高でした~)

残念なのは、水が冷たすぎて、水着を着こんで泳ぐ気満々の子供も足すら浸けられなかったこと。

でも川(のそば)遊びの後に入った温泉「もえぎの湯」で温まる幸せもありました(*^_^*)

今回はお弁当持参でしたが、近くにはつい寄りたくなるお食事どころもちらほら。

ちょっとリッチに「ままごとや」や気軽に楽しめる「豆らく」。

どちらもお豆腐や湯葉などお豆を中心としたコースや定食が女性の心を鷲掴み。

お酒をたしなむ方は、「澤乃井」で酒蔵見学もプラスすると、きっと幸せ倍増。

奥多摩は小さい頃から何回か遊びに行っていますが、豊かな緑ときれいな空気と水、温泉に魅力的な食事まで揃っていて、素晴らしい処だ!!と再確認したのでした。

  

なんというか、歳を重ねるごとに自然が愛おしくなるのが人間なんでしょうかね。

自然がいかに貴重なものか、素晴らしいものかを実感する毎日です。

そんな中で母から聞いた「植樹葬」。

ご存じでしょうか。

その名の通り、植樹した木の下にお骨を埋葬するというもの。

好きな木を選んで、遺族が自分たちで小さな穴を掘り、お骨を、土に還る布で包んでもらい、その木の下に埋める。

緑に囲まれた地ですくすく育つ木に、訪れた遺族は癒されるのだろうなぁ…

自分がクリスチャンの両親に育てられたからか、お墓の心配は一度もしたことがありませんでしたが(両親もお墓が欲しいとは一度も言ったことがないので)植樹葬の話を聞いたら、「それがいいなぁ…」と。

自分がなくなっても、土に還って大地の一部になることに惹かれました。

60歳、70歳になった私がどう思っているかはわかりませんが…

|

« 最近の公園事情 | トップページ | 念じてみようホトトギス »

コメント

綺麗だね~
写真見ると壮大感があるね

うちはもっぱら自然派なので(笑)

今週の日曜日は、クワガタのお世話で山に行って来ます♪

もうそろそろ海もいいよ♪

投稿: futsalhamada | 2010年5月17日 (月) 22時07分

>futsalhamadaさん

実際に見るともっと、緑がせまってくる感じです。
ここが東京都とは信じられない感じ(笑)

クワガタ捕りに海なんて、いい季節の到来ですね!!

投稿: しー | 2010年5月18日 (火) 08時40分

うちなんて、会社の裏で野生のきつねとキジの夫婦がよく出没しています。
ある意味大自然を感じれます。

いい季節
あ~ ソー君の汗でびちょびちょな姿が目に浮かびますね~

投稿: うっち~ | 2010年5月21日 (金) 21時26分

>うっち~

なんとも微笑ましい会社の立地だね!
異動でこっちに帰ってきたら、大自然が恋しくなりそう。

ソーはほんとすごいよ~
なんで積み木やるのにそんな大汗かく必要があるの?って不思議でしょうがありません^_^;

投稿: しー | 2010年5月22日 (土) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近の公園事情 | トップページ | 念じてみようホトトギス »