« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ありがとう、日本代表。

心からそう思いました。

ありがとう!堂々と戦ってくれて。

ありがとう!最後まであきらめないでくれて…

サッカー日本代表の試合は1試合1試合、選手たちの想いと高みを目指す気持ちが痛いほど伝わり、泣けてくるほどでした。

最近、サッカーに限らず日本の頑張りを久しく見ていなかったからか、昨日の試合後は、負けてしまったけれどここまで日本人の根性を見せてくれた日本代表に胸が熱くなり、なかなか寝付けませんでした。

昨日の試合を観ていた人は誰も代表のことを責めたりしないでしょうね。

世界のメディアには取り上げられないだろうけど、日本人の心には一生残る120分+αだったと思います。

本当に、お疲れさまでした。

そんなわけで眠りの浅いまま、ぼーっと朝を迎えたわけですが、嬉しいニュースが飛び込み、覚醒!

友人が付き合っていた彼と入籍したとのこと。

彼女が過去とっても苦労したことを知っているので、幸せいっぱいの報告にこっちまで嬉しくなってしまいました。

いつまでも「女と男」で、末長くお幸せに(*^_^*)

P1010017

こちらは…私のピアスコレクションです。

実はこの歳になって初めてピアスホールをあけました。

途中、膿んで穴がふさがり、皮膚科で穴を太い針でこじ開けられるという寒い体験もしましたが、今は楽しくピアスを謳歌しています。

運命…今のところ全然変わってません(笑)

中央のアクアマリンのスワロがついたピアスは今日、いただいたものです。

友達が作ってくれました。チェコビーズもついててすごい可愛い…

ピアスをしていると毎日がちょっと楽しくなります。

いつもソーに「ママ、今日はいい1日だった?わるい1日だった?」って聞かれるんだけど、今日は満面の笑みで答えましたよ。

「今日はね~!すごいいい1日だった!!」

| | コメント (2)

「たまりさんの台所」第2回目のお知らせ

P1000965

梅雨真っただ中ですね~

締め切りや用事に追われて、じめじめへとへと…

あー、たくさん寝たい…

 

そんな中だからか?紫陽花を見ると、脳がニコニコ。癒し効果抜群の美人さん。

朝と晩にお花の「水切り」をして花瓶のお水を替えてあげるのですが、

新たな切り口から水をぐんぐん吸いこんで、元気いっぱいに優しく美しい姿を見せてくれるお花を見ていると、

自分も「水切り」してもらったような、「さぁ、新しいこと吸収しよう」そんな気持ちに、すこーし、なるから不思議です。

 

さて、「たまりさんの台所」第2回目が7/10(土)決まりました。

(前回の様子はこちら。)

今回のテーマは「流通」

私たちは安いものを買って、はたして得をしているのか?

高いものを買うと経済的に負担になるのか?

 

私と一緒に「もちろんYes!」と答えたあなた。ぜひご参加ください♪

消費者である私たちは知ることのできない、生産者、スーパーなどの立場からのお話が聞けます。

毎日の買い物の仕方、物の選び方が、変わるかもしれませんね。

今回のお料理は、夏一番のおすすめ料理(と私は思う)「冷汁」です。

これは美味しいですよ~!しっかり覚えて帰って、夏バテの日の食事にも、呑みの後のシメにもぜひ^_^

他、豚味噌、お惣菜なども作ります♪

詳しくはこちらをご覧くださいませ(*^_^*)

| | コメント (0)

2年生の風景

相変わらずゆったりと毎日を過ごすミク姉。

時間がないにも関わらずゆったり過ごすので、怒られることも多い日々。

今日は学校公開で、2年生になったミクの授業風景を見てきた。

全部で5時間あるので「何の時間を見に来て欲しい?」と聞いたら、

「20分休み。ミクのヤゴ(トンボの幼虫)はすごく元気だから見に来て欲しい!」

だって。

ペットボトルの中で各自ヤゴを育てているのは知っていたけど…

算数や国語じゃないところが、さすがミク姉。

休み時間は何をして過ごしているかというと、ヤゴの世話をした後は自由帳を出し、先生が生けたお花の絵を描いている。

Sz071_2nd

↑昨日の作品。

気合が入ってるときは、額縁(photoshop上でね)に入れてあげることにしている。

今日は友達に「私のノートにもお花の絵、描いて!」頼まれたようだ。

そのお友達は言う。

「はぁ~~~、ミクはいいなぁ。絵が上手で。勉強も『普通に』出来て。私なんか出来ることと言ったら勉強ぐらいだよ!!」

彼女にとっては非常に大きい悩みのようだったが、私は噴き出してしまい、「いいじゃない、勉強が出来るのも個性だと思うよ」

と励ましたのだが、勉強以外で人より秀でた何かが欲しい!との強い思いは変わらないようであった。

2年生っていうのも、結構大人なんだな~子供によってはこんなに向上心があるものなんだね。

そういえば私も小さい頃から影が薄く(笑)絵とピアノが得意で勉強は苦手。

向上心なんてカケラもなかったっけ。親子ってこんなところも似るんだね…

P1000602

久々に食事の写真。

最近は暑いからこういう丼ものが人気。

まぁ、載せるほどでもないほど地味ですけど?

玄米の上に、海苔、とろろ芋、納豆、うずらの卵、しそ、アボカド。

めかぶや明太子、豪華にお刺身を乗せても美味しそう~

それにしても黒々してるね!

なぜならテレビの前の座卓だからです。

なぜならワールドカップ特集を見ながら食事してるからです。

食事中はテレビはダメ!と言っておきながら、ワールドカップ中はいいらしいんです。

| | コメント (6)

週末いろいろ

フィオッキのディナーコンサートへ。

爽やかな初夏のコースメニューは、20種類の野菜を使ったミネストローネ、緑野菜とのバジリコペーストの生パスタ、仔牛のマスタード煮込み、デザートの盛り合わせ、他。

ゆっくりとコースを味わった後は、約1時間のコンサート。

曲にまつわるエピソードの紹介もあり、笑い声の溢れるトーク、心地よい音色のギターソロ、のびやかな歌声が贅沢な夜を彩っていました。

P1000262_2

   

●ピアノの発表会へ。

ミクのお友達の演奏を聴きに行ったのですが、やっぱり発表会というのは出来不出来にものすごく差があるものですね。

まったく練習不足の子、舌打ちしながら弾いている子、まだ上手ではないけれどセンスがありそうな子。

そして、推定4,5年生ぐらいの女の子には驚かされました。

たくさん練習したんでしょう。

「エリーゼのために」をミスもなく、感情豊かに丁寧に弾いており、お辞儀も美しく、完全に「お客様に聴いてもらう」ための演奏でした。

小学生が一連の流れを一人前のレディーさながら美しくやってのけたことに、感動。

   

●買っちゃいましたよついに~

だいぶ前から、デジタル一眼が欲しい!と吠えていたんですが、お財布の方は寂しくなる一方で夢の夢。しかーし、仕事で必要な事態になり購入してしまいましたー。

デジイチといえばニコンかEOS Kissあたり?スペックに弱い素人のわたしですが、

PanasonicのLUMIXに決定しました。

おもちゃを与えられた子供のように、嬉しくていろいろ写しまわってます。

気付いたんだけど、接写(至近距離)が大好きなんですね、わたし。

サンタさん…接写用のレンズ…お願いします。

今後、ブログの写真がちょっとパワーアップするはずです。たぶん。

   

●可愛くて美味しいきりんさん。

Kirin

今日のお仕事はね~、とっても楽しいお仕事だったんですよ。

パティシエの方主催のお菓子教室での撮影の仕事です。

今日のお菓子は「きりん柄ロールケーキ」。

この間ね、バッグを買うとき布地のプリントがきりん柄としまうま柄があってすご~く悩んでいたら「今年はきりん柄が流行りますよ!」って店員さんにすすめられたので、きりん柄を買ったばかりだったのです。

ロールケーキのきりんさんは、茶色の生地にコーヒーの苦みが効いてて、甘さ控えめでとーっても美味しかった(*^_^*)

  

以上、いろいろオイシイ週末でした。

| | コメント (0)

初めての歌舞伎

この年になってもまだ、初めての○○は意外と多いもので…

歌舞伎もその一つ。

チケットをいただいたこの機会に、歌舞伎の世界をのぞいてきました。

国立劇場での本日の演目は、鑑賞教室用のもで、最初に解説付き、一幕のみの短いもので、イヤホンガイドでは、細かい飾りや芸の意味まで知ることができ、面白さが更に深くなりました。

本日の演目:『鳴神』

厳しい修業を積んだ「鳴神上人」という真面目で偉いお坊さんが、宮廷一の美女「雲の絶間姫」の美しさ、なまめかしさに負けて次々と掟をやぶり、恋のとりことなってしまう…というお話。

最後は姫の計略にのせられたことを知り、逆上の舞(「荒事」というらしい)をする鳴神上人。ここで「あ、これぞ歌舞伎の顔」という「隈取」という化粧をして、豪快に激しく怒りを表現していました。

いつの世も男というものは…^_^;

でも女方のなまめかしさと可愛らしさは、男性ということを忘れて引きこまれるほどだったからしょうがないかもしれない(笑)

もっと難しく考え込まないとわからないのかしらと思っていたけど、指先までしなやかな動きの美しさ、見得の迫力、衣装のきらびやかさ、ストーリーにはすっと馴染めるのに日常にはない世界観が素直に面白かった。

今度は全幕鑑賞希望。

お弁当買って(ここポイント)。

Img_5765_6

最近、すっかり日が長くなって嬉しい~

家に帰ると部屋が黄昏色。

| | コメント (5)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »