« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

秋到来

P1020277

あぁ…

P1020282

秋、なんですねぇ~

久々に訪れた昭和記念公園。

レンタサイクルにまたがって遠くを見やったら、

何か遠くに大きなピンクの看板が、、…と思ったら。

    

それはコスモス畑だったんですね~

コスモスってお花屋さんの鉢植えで見ると頼りなげで押しが弱い雰囲気なんだけど、

こうやって一斉に風にゆらゆら揺れている様子を見ると、なんと華やかで元気なんだろう!

お昼にはちょっと早かったけど、コスモス畑を見降ろす丘でお弁当を広げました。

満開のコスモスたちを見てると、「ね?楽しいでしょう?元気出るでしょう?」って一斉に話しかけられてる気がする^_^

  

で、秋というと、花もいいけど団子もねー。

…でもどうせなら、松茸!!

Img_5886

この写真は、私のお腹に入った松茸たちなんです~凄い…

もしかしてあれは夢だったか?

  

大手企業に勤めているお友達が、会社の保養施設である和食店に連れていってくれました。

ザ・松茸づくしコースの内容は、お浸し、お刺身、土瓶蒸し、焼き、天ぷら、ご飯…

お刺身以外はすべて松茸入り。

しかも焼き松茸にいたっては、一緒に行ったメンバーが「もう食べられない…」とギブするほどの量だったんです。

もちろん私は最後まで「美味し~~いいの~食べちゃうよ~」って言いながら食べ続けました。

  

 

最近の私は、パートを2つに増やして、夜は会社から持ちかえった仕事もしつつ、デザインパックも結構忙しく…で、結構、かなり、ぐったりきてたんです。

  

でも!松茸パワーですっかり冴えわたりました!(単純)

いいものを食べるといいデザインが出来る気がする!(単細胞)

さーやるわよー

| | コメント (2)

「たまりさんの台所」第3回目のお知らせ

日ごとに秋の気配が色濃くなるこのごろ…

秋と言えば、スポーツ・食欲・読書の秋とはよく言ったもので、

登山に出掛けたくなったり

特別美味しいものが食べたくなったり(いつも?)

活字が恋しくなったり

…と不思議と毎年「秋の魔法」にかけられるんですよね。

  

さて、お知らせをひとつ。

第三回目の「たまりさんの台所」開催決定しました!

P1010115

11/6(土)14:00~

(10/28追記)

日程変更になりました。

第三回目は、2011年1月末~2月の予定。

またブログでお知らせします!

詳しくはこちらをご覧くださいね。

前回(第2回目)のレポートや「たまりさん後記」もアップしました。

トークのテーマは「種のお話」

      育てて感じる、種の持つ不思議。そして種苗会社の企み。

お料理は、さっと出来る「本格印度料理」です。

私はスパイスや香草を使ったアジア料理が大好きなのですが、作るときは「タイカレーのもと」とか、キットになったものしか使ったことがありませんでした。

さっと出来るのに「本格」!ぜひ作りながら覚えたい…そしてもちろん味わいたい!

  

トークのテーマの「種」。こちらどんなお話が聞けるのが、想像もつきません。

植物すべての原点といえる種。きっとたくさんの不思議と驚きが隠されているのでしょう。

たくさんのご参加、お待ちしております(*^_^*)

| | コメント (0)

映画「悪人」

映画「悪人」を観たら、複雑な気持ちになりました。

「悪人」の定義とは…?

ストーリーを追っていくと、誰が本当に悪いのか。刑事事件を起こした人だけが悪人なのか。次々と疑問がわいてきます。

人は、角度を変えれば悪人に、角度を変えれば善人に、さまざまな面を持つ多面体なんですよね。

そして好きな人には常に美しい面を見せている。

  

あーそれにしても良かったなぁ…妻夫木君と深津さんのコンビ。

世間に悪人と判定された彼らに、心がぴたりと寄り添いました。

   

今日は会社でちょっと疲れることがありました。

会社関係の女性数名でランチしに、その中の一人のおすすめのお店に行ったんです。

イチオシの煮込みハンバーグを注文すると、ハンバーグはスパイスがかなり効いていて美味しいんだけど、ドミグラスソースの味がかなり薄い。でも塩を足せば大丈夫なレベル。

しかーし、そのうちの女性2人が文句を言い始めたのです。

「美味しくない!味薄い。こんなのに千円払うなんて。来なきゃよかった」

「私食べるの早いのに美味しくないからこんなに時間かかっちゃった」

そこには、そのお店を紹介してくれた人もいるのにそんな言い方するなんて…、お店の人も「すみません…」と言いながら謝ってきました。

それでも怒りは治まらないらしく、会社に帰ってからもまだプンプン。

私はこういうとき、「そこまで言ったら失礼ですよ」とか「その言い方はないんじゃないですか?」とか言えないんですよね。

せいぜい、「でもあのドミグラスは味を濃くすれば美味しい味だと思いますけど…」なんて言うぐらい。

そんな自分にも嫌気がさし、悪意のある言葉を聞き続け、ぐったり…

 

重い気持ちで家に帰ると、ありがたいことに子供たちは相変わらずマイペースです。

ソーは保育園で覚えてきた「のこのこ、きのこ♪」という可愛い歌を歌っていました。

ミクは大きくなった今でも膝に乗ってくるんだけど、今日はその重みも癒しで…^_^

P1020068

柄本明さん演じるお父さんのセリフを思い出します。

「あんた、大切な人はおるね」

います、います。

だから、頑張ってきれいな面を見せたいと頑張るんだよね(*^_^*)

| | コメント (3)

姉さん8歳

一歩外に出ると、金木犀の香りがあちこちから漂ってきます。

上品な香水を振りまいたようなこの季節が大好きです。

そして、そんな素敵な季節に生まれてきたミク姉が、8歳になりました。

  

8歳のミクさんは相変わらずです。

イルイル片手に、果てしなくゆったりとお過ごしになっています。

しかし、兄弟喧嘩となれば話は別。

ゆったりさんの仮面を脱いだ姉貴の攻撃は母も身震いがするほど。

2つ年下の弟ソーは、腕力でも口げんかでも姉に勝てたためしがありません。

その日も最初から勝ち負けが決まっている決戦の火ぶたが落とされました。

しかし、その日は決定的に違うことがあったんです!

いつも負けに屈していたソーが衝撃的な一言を用意していました。

そろそろ泣いて母にSOSを出すか?と思っていた最終ラウンド、そのセリフが出たんですよ…

  

「イルイルなんか、ぼろ臭い!!!」

イルカのぬいぐるみは、

ボロ → グレーに変色してて、ぼろぼろである

臭い → しかも生活臭が染み付いてる (注:年に数回はお風呂で洗っています)

  

自分がどんなに攻撃されても鼻でせせら笑っていたミクが、この一言で絶句し、涙をぽろぽろ流しながら泣き始めました。

「イルイルはボロ臭くなんかないもん!!」と言いながら、最後は号泣。

それは、母が子を守るときのような大きな愛に見えました。

ミクって愛情をいっぱい持っている女の子なんだな、見ていて母もじーんとした瞬間でした。

  

そしてお誕生日当日、学校が終わったミクを校門までお迎えに行き、好きなところにお茶しに行くというデートを決行♪

この親子デートはお友達から教えてもらって「それはいい!絶対喜ぶ~」と思って真似させてもらったもの。

いつもはソーと半分このお母さん。

でも今日は独占よ!

しかも、有休を取ったオットも参上(笑)

ソーが生まれる前の3人の生活を思い出すなぁ…と思いながら、

ミクが幸せそうに大きいフルーツパフェに挑む様子を眺めました。   

大きくなったと思ったけど、まだちっこくて可愛いわ~   

ミクさん素敵な8歳になりますように!

| | コメント (6)

冬眠でありますよう

姪っ子きーちゃんは白いハムスターを飼っていて、名前をユリちゃんと言う。

今日は久々にケージから出していて、ミクと一緒に遊んでいた。

ふと見た私は目が釘付けになった。

いつもちょろちょろ動いてるユリちゃんが微動だにしてない。

でも子供たちは何の疑問もなく手の上に乗せて撫でたりしている。

「きーちゃん…ユリちゃん、動かなくない?もしかしたら、、」声をかけようとした私、一瞬で空気を察知。

なぜなら、きーちゃんの目に涙が溜まっているのを見てしまったから。

「…あぁ!!冬眠したのかぁ!!!」

「あぁ、あったあった、私も小さい頃ハムスター飼ってたけど、冬眠してたしてた!!」

近くにいたじいじもばあばも激しく頷く。

「冬眠、冬眠!!」

なぜかみんなで大合唱。

まだ冬も来てないけど、冬眠、冬眠。

きーちゃんも笑顔が戻り、ユリちゃんをそっと小屋のベッドに入れてやり、上から木くずで暖かくしてあげてた。

   

私も、小さい頃いろいろと動物を飼っていた。

実は何度もインコやハムスターが死んじゃったり脱走したりしてたらしい。

でも気付かないうちに両親がそっくりさんと差し替えてくれていた。(大きくなってから聞いてびっくり、気付こう自分…)

動物もいつかは死ぬんだよ、ってことも教えなきゃいけないけど、今日きーちゃんの涙を見ちゃったら、そんなこたーまだ教えなくていい!って気持ちになった。

そっか、母と父もこんな気持ちだったんだね。

北海道にいたころ、ある朝、ハムスターがカチコチになってたことがあった。

私と姉は泣いて泣いて、庭の雪をかきわけてハムちゃんのお墓を作ってあげた。

ハムちゃんをそっと置いて、上から花びらをかけてあげた。

…そのとき!

ハムちゃんが動き出したの。ガサゴソと!

冬眠だったのね!!

もうその後は嬉し泣き。

  

きーちゃんのユリちゃんもちょっと早い“冬眠”でありますように…

| | コメント (4)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »