« 姉さん8歳 | トップページ | 「たまりさんの台所」第3回目のお知らせ »

映画「悪人」

映画「悪人」を観たら、複雑な気持ちになりました。

「悪人」の定義とは…?

ストーリーを追っていくと、誰が本当に悪いのか。刑事事件を起こした人だけが悪人なのか。次々と疑問がわいてきます。

人は、角度を変えれば悪人に、角度を変えれば善人に、さまざまな面を持つ多面体なんですよね。

そして好きな人には常に美しい面を見せている。

  

あーそれにしても良かったなぁ…妻夫木君と深津さんのコンビ。

世間に悪人と判定された彼らに、心がぴたりと寄り添いました。

   

今日は会社でちょっと疲れることがありました。

会社関係の女性数名でランチしに、その中の一人のおすすめのお店に行ったんです。

イチオシの煮込みハンバーグを注文すると、ハンバーグはスパイスがかなり効いていて美味しいんだけど、ドミグラスソースの味がかなり薄い。でも塩を足せば大丈夫なレベル。

しかーし、そのうちの女性2人が文句を言い始めたのです。

「美味しくない!味薄い。こんなのに千円払うなんて。来なきゃよかった」

「私食べるの早いのに美味しくないからこんなに時間かかっちゃった」

そこには、そのお店を紹介してくれた人もいるのにそんな言い方するなんて…、お店の人も「すみません…」と言いながら謝ってきました。

それでも怒りは治まらないらしく、会社に帰ってからもまだプンプン。

私はこういうとき、「そこまで言ったら失礼ですよ」とか「その言い方はないんじゃないですか?」とか言えないんですよね。

せいぜい、「でもあのドミグラスは味を濃くすれば美味しい味だと思いますけど…」なんて言うぐらい。

そんな自分にも嫌気がさし、悪意のある言葉を聞き続け、ぐったり…

 

重い気持ちで家に帰ると、ありがたいことに子供たちは相変わらずマイペースです。

ソーは保育園で覚えてきた「のこのこ、きのこ♪」という可愛い歌を歌っていました。

ミクは大きくなった今でも膝に乗ってくるんだけど、今日はその重みも癒しで…^_^

P1020068

柄本明さん演じるお父さんのセリフを思い出します。

「あんた、大切な人はおるね」

います、います。

だから、頑張ってきれいな面を見せたいと頑張るんだよね(*^_^*)

|

« 姉さん8歳 | トップページ | 「たまりさんの台所」第3回目のお知らせ »

コメント

自覚なき悪意が一番タチが悪いんだよね。
自分の行動に「知らない間に誰かを傷つける可能性と事実」
を考慮してないと人は限りなく暴走するからね。
まあ、構造はジャイアンのリサイタルと一緒だね。
音痴どころか皆が喜んでくれていると思い込んでるから、
余計に指摘できないしね。

大切な人がおるね?
その人の幸せな様子を思うだけで、
自分までうれしくなってくるような人たい。

今度、吉田修一さんの作品を中心に
何冊か持っていきます。

投稿: ナツ | 2010年10月16日 (土) 10時29分

もう一つ投稿。すまないね。

こどもたちの画像を見てて、
子育てって習慣を身につけさせてやることなんかな
って思ってこんなことを思い出しました。
伊坂幸太郎さんがゴールデンスランバーの中で
「人間の最大の武器は、習慣と信頼だ」
というセリフを書いてるんだけど、
人の考えてることって思いのままじゃ見えないし、
そもそも本人もよく分かってない。
それは言葉になって初めて輪郭を帯び見えてくるし、
行動になってやっと信頼できるもんじゃない。
それって特別なことじゃなくて、日常のことなんだよね。

約束を守り、人の悪口を言わず、たまに酔っぱらう
っていう、日常の中でちゃんと生きることなんだろうね。
オレはまだ酔っぱらうことしかできてないけど...

投稿: ナツ | 2010年10月16日 (土) 10時42分

>ナツさん

自覚ない悪意。あぁ、それいろんなところで見るね。
痛々しいんだよなぁ…「悪人」にもそんな人が出てきたよね。
誰でもなりうる、気付かないうちに自分もジャイアンになっているかもしれない怖さ。
だから出来るだけ、自分を俯瞰してみるクセが必要だね。

吉田修一さんの本、ヨダレ垂らしてまってます。

で、話は変わって習慣は大事だなぁと思うね。
子育てしてると、習慣が武器だというのはすごく頷ける。
習慣というチップを埋め込むために、毎日同じことを口うるさく言ってるんだな。

また上手に酔っぱらうとこ見せてもらお。

投稿: しー | 2010年10月16日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姉さん8歳 | トップページ | 「たまりさんの台所」第3回目のお知らせ »