« 秋到来 | トップページ | 山歩き ~日和田山編~ »

井の頭自然文化園

久しぶりに訪れた井の頭自然文化園。

吉祥寺に住んでいた数年前には、年間パスを購入して通うほどお気に入りの場所でした。

今回はソーのクラスの卒園交流の遠足だったので、賑やかな御一行とともに。

案内の方も付いてくださったので、今まで知らなかった井の頭動物園の一面も知ることができました。

「今年、井の頭動物園60年目にして、猿山で初めての出来事があったんです!それはなんだと思いますか?」

そんな質問に、子供たちの元気な声!

「赤ちゃんが生まれた!!」

「赤ちゃんは毎年生まれています(笑)」

「猿が元気になった!!」

「おさるさんは、みんな元気です(笑)」

答えは…

P1020342

双子が生まれたこと!

だそうです。

お母さんがぎゅーっと双子を抱きしめる姿が可愛らしかったです。

そうそう、最近はトップの猿を「ボス猿」なんて呼び名では、呼ばないそうです。

なぜなら、トップの猿が仲間内をまとめるようなリーダーの役目を果たさなくなったとのこと。猿にも人間に通じるような時代の流れによる変化があるんですね。

一番年上で、毛並みのいい力の強い猿は、「一番強い猿」などの曖昧な表現で呼ばれるとのこと。

なんだかボス猿不在の猿山ってさびしいなぁ、とちょっと感じました。

日本の政権に不安混じりの寂しさを感じるような感じで。

P1020347

子供受けが良かったのは、リス園ですね~

オリの中に入れるので、運が良ければリスが人間にのぼってきます!

そして、人間のリュックの中にクルミを隠してくれたりします(プレゼントじゃないけど)

ずっと「どこに隠そうか!」と走り回ってるので、リスの人生も大変だなぁ、と。

あまりにも落ち着きがないので、やっぱり…

P1020393

最後はモルさん触れ合いコーナーでしょう。

ミクはモルモットが大好き。閉館までずっと膝の上に乗せておきたいくらい。

彼女がモルさんの耳の後ろを優しく撫でると、目がそーっと閉じていきます。

ミクがモルのお母さんに見えました。とっても優しそうな…

もっと小さい時からそうだったんだけど、ソーはモルさんを膝に乗せると、なぜか爆笑スイッチが入り、ずーっとゲラゲラ大爆笑しています。

モルさん相当迷惑な様子でしたよ。。

動物っていいなぁ。毛がある動物の癒し効果はすごい。

ずっとインコを飼いたくて我慢してたけど、もうサンタさんが鳥籠持ってきちゃいそうな気もしてきた…

もしかしたらモル籠かも…。

|

« 秋到来 | トップページ | 山歩き ~日和田山編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋到来 | トップページ | 山歩き ~日和田山編~ »