« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

やれん男6歳祝賀会

「やれん」(島根弁?)とは一言で言うと、困ったね、参ったね、ということになるのでしょうか。

うちの「やれん男」もついに6歳の誕生日を迎えました。

  

何がやれんって、数日前も保育園から呼び出しの電話があり、頭をこっぴどくぶつけて流血し(後から現場に居合わせた友達いわく、黒い血がどばーっと…)脳外科に運ばれCTスキャンなどをした、など?

大好きな先生のどこか好きかってそれは「丸いおっぱい」って答えたことなど?

※今のお気にいりのネタはおっぱいをつまみながら、エドはるみの「おっぱい、の~み~た~い~の?」

何回怒られても家の中で飛び跳ねて走り回ってしまう。

泳ぎ続けないと死んでしまうマグロのように、起きている間は動き続けないと死んじゃう科の生き物だっていうことなど?

  

やれん男の名誉のために言っておけば、やれん男は優しいです。

いつも、何か誰かのためになろうと努力してるふしがあり、「あれ?私の携帯見なかった?」なんて言おうものなら、まず「オレ知ってるよ!」から始まり、血眼になって探し真面目ます。(知らないんじゃん…)

たくさん買い物をすると、「俺が持つから!」と全部持とうとします。

やれん男は、朝の新聞をとってきてくれます。

夜は家族全員のお布団も敷いてくれます。

足し算や引き算が大好きで、九九も6の段に挑戦中。※姉さん負けないように(笑)

  

  

「やれん男」を、ここまで育ててくるのは、とても楽しかったです。

怒ることも山ほどあったけど、笑った回数の方が多かった気がするなぁ。

  

お誕生日おめでとう、ソーちゃん!!

  

  

さて、いつもだったらお家でひっそりお祝いするところですが、今回はちょっと豪華に。

いつもお世話になってるじじばばや姉親子も招いて、こちらにいってまいりました。

前から気になってたんです。それなりに近くなのに機会がなくて…

P1030115

ホームページがかなりキテますので、心配だったのですが…

P1030127

あらあら、個室へ案内される道すがらもいい感じです。

鯉の背中が出すぎているように感じましたが…池にお水が足りないのでは…

P1030128

ガラリと個室の扉を開けると、こんな感じで。

すべてのお部屋がお庭に沿っているのです。

お部屋は広くないけど、窓が大きい分解放感あり。

で、ここの売りといえば…

P1030152

SLです(笑)

コースのお肉やデザートなどを運んでくれます。子供たちこれに大興奮!

どの部屋の子供たちもSLが通るたびに飛び出てキャーキャー、すごい騒ぎになっておりました。

P1030131

SLで届いたお肉、蟹、野菜

P1030164

牛しゃぶと蟹しゃぶのコースでしたが、牛のお肉の大きく柔らかく美味しいこと!

子供たちSLに夢中じゃなかったらどんだけ食べただろう…と心配になるほど(笑)

実はSL以外にも、もっと喜んだのは…

気まぐれに走って通り過ぎる

  

↓この方

P1030169

P1030165

トーマスの仲間、パーシー?が走りだすと、子供たちも走りだします。

これ、きっと昼間の時間帯だからゆるされるんだよね。

なにはともあれ、楽しい6歳のお誕生日になり、良かった良かった。

| | コメント (0)

タボーな日々と、楽しかった「たまりさんの台所」第三回目

気付くとだいぶ更新滞ってました。

なんだか最近いっつも仕事してる?

今日はミクが夜携帯に珍しく電話してきて、「ママいつかえるのー」って寂しそうな声。

「ママが仕事が少なくなったら、ミクの隣で朝まで寝てね」っていうミクのお願い、早くかなえてあげたいなぁ。

  

さて、忘れる前に!

「たまりさんの台所」第三回がありましたので写真で軽くご報告を。

(詳しいレポートは「たまりさんの台所」のHPに、ご参加された方がアップしてくださるのでお楽しみに♪)

今回のお話のテーマは「種のはなし」

種の発芽の仕方、種の種類、種会社の野望。

今まで考えることのなかった「種」についての知識が広がりました。

種類は固定種とF1種などがあり、収穫が安定しないけど種が次世代も収穫できる固定種、大量生産向きでサイズも安定したものが収穫できるけれど、一代で終わってしまう(安定した種が収穫できない)F1種。

「種を征するものは世界を征す」といわれているほど、実は種業界は大きな力を持っており、種苗業界は競って安定した種を開発しているんだそうです。

P1030013

お話のあとは、料理の時間。

みなさん、とても熱心にメモをとっていらっしゃいました。

いろんなところに、「印度」になるコツがちりばめられてましたね。

P1030023

2/11のメニューはこんな感じ。

相変わらず盛りだくさんです。

110211_2

今回子供たちの参加が7名も!

しかも全員、働き者です^_^

P1030042

出来あがったお料理がこちら。

手前のインド風メンチカツ、もう、最高でした!

今までで食べた中で圧倒的な旨さ。

食べるとじゅわっと肉汁があふれだし、後から青唐辛子の辛さが追ってきます。

生の玉ねぎやピーマンのみじん切りを入れたのもポイント。

じゃがいも、人参のサブジも美味しかったですね~

人参はココナッツミルクで優しい甘さに。

じゃがいもはスパイシーで相性よし。

P1030071

たまりさんがいっていた「味噌汁感覚でつくる」チキンカレーはほんとにあっという間にできました。

なのに!この美味しさはどこからきたのでしょう?

ほうれん草のカレーは「深緑の塊」なので子供受けは悪かったものの、私は大好きでした。

いつまでもおつまみに食べたいようなカレーで、箸が止まりません…

P1030080

みんなで賑やかにワイワイ!

今回も25名のご参加をいただき、たくさんの「美味しい!」「楽しかった!」の声をいただき、主催者としても嬉しい限りでした。

P1030077

参加者のみなさま、ありがとうございました。

たまりさん、第4回目もよろしくお願いします!

 

| | コメント (0)

父のお弁当のこと

長かったなぁ~3週間。おたふく姉さん、ついに完治しました!

この3週間、なんといってもお世話になったのは、私の実家。

会社が多忙な時期でそうそう休みを確保できずのわたし。

母も父も仕事を持っているけど、どうにかやりくりを出来るからと、毎日のようにおたふく姉さんを預かってくれた。

せめてものお礼というか、出来ることはこれくらいしかないので、ミクと父に毎日お弁当を作って持たせた。

何日目からだろう?

きれいに洗われたお弁当箱に、付箋がついていた。

「今日のお弁当楽しみだなぁ~、ミック今日のお弁当はなんだろうね、って聞いたら、『昨日の夕飯の残りだよ』と言われた。子供は正直だ…」

なんて書いてあることもあったっけ。

  

お弁当作るの、楽しかったな。

いつもは自分の分ひとつだけ。それこそ前日の残り物とか、レンジでチーン!したのを詰めるだけ。

でも誰かのために作るときは、喜ぶ顔を想像して、二段ののり弁にしてみたり、前の日に、白いご飯に合いそうな濃い目の煮物を作っておいたり。

  

最後のお弁当の付箋にはこんなことが。

父の、丸い(外見と性格とはまったく正反対の)可愛い字で…

P1030008

980円の価値!

褒めることを知らない父の、最高の褒め言葉。

じーーーん…としました。

新じゃがと牛肉の甘辛煮、白身魚のフライ、色どり野菜のナムル、プチトマト、大根の漬物、白いご飯の上に紅鮭。

予定していた卵焼きが入らなかったほど、盛りだくさんなその日のお弁当。

お父さん、どうもありがとう!の気持ちがいっぱいでした。

  

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »