« とりあえずの無事に感謝しつつ。 | トップページ | 震災後2週間 »

はじめまして(今頃)twitter…そして今後のこと。

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震。

東京でも混乱はあったものの、その後の毎日が恐怖と悲しみの連続の始まりだったとは…

  

そんな中、昨日はソーの保育園の卒園式がありました。

最初の園長先生のご挨拶で、

地震当日、勤務先から5時間も6時間も歩いて真夜中に、話すこともできないような披露困憊状態で子供を迎えに来た保護者がいらしたこと。初めての24時間体制で、帰ることのできない保護者に代わって保育園で朝を迎えたこと。

大人も、子供も、先生方もみんな不安だった。確実なことが何もなかった。

そんな中、こうしてみんな無事に集まることができ、卒園式のこの日を迎えられたことは何て幸せなことだろう…

私たち親は、涙が止まりませんでした。

  

帰り途、早咲きの桜が満開なのを見かけ、泣きたいような悲しい気持ちに。

桜の花を見て悲しい気持ちになるなんて…

それが今回の東北地方太平洋沖地震という大きな爪痕。

   

私たち東京在住組の現状は、

原発の人体への影響に怯えながらの毎日。

ギリギリにならなければ中止か実行かわからない計画停電。

交通機関も機能しておらず、ガソリンが手に入らず、道行く車もすっかり少なく。

スーパーからはパン・お米・お水・保存食が消え、都心では他の食材も手に入らない状況だとか。

  

でも、こんなことは何でもないのです。

家族や大好きな人たちが元気に生きていられ、屋根のある家でご飯を食べられることは幸せなこと。

私たちは私たちが出来ることで東北で苦しんでいる人たちをケアしてあげなくては。

ほんとに小さい力だけどね。

小さい力がいっぱい集まって大きい力になりますように。

 

・義援金

・電力をできるだけ抑える。家の電気はリビングの半分一か所のみ。

・食材の買い占めをしない。足りないぐらいで充分。

・子供たちに今回の震災の意識を持たせる。

・今頃だけどtwitterに登録、スマートフォンを検討。今回、携帯はただのハコでした。

正しい情報を正確に取るすべを持つ。

 

そして一番大事なことは、「他人が一番」になることだと思う。

自分でも、自分の家族でもなく、赤の他人のことを自分のように思いやることができたら、日本はあっという間に元気を取り戻せると信じている。

そして元気を取り戻したら、自然と共に生きる人間に原発は必要なのか?考えるべきなんだと思う。

 

桜がきれい!笑顔で言える日がくるといいな。

がんばろう。

|

« とりあえずの無事に感謝しつつ。 | トップページ | 震災後2週間 »

コメント

しーさんの日記にまた泣きました。
ほんとにそうだよね。

お花見しても泣いちゃいそうなこの気持ち、いつか晴れる日がくるんだろうけど、今はほんとに辛い。

保育園の様子も初めて知ったよ。やっぱりお泊りの子いたんだね。そうだよね。

まずは同じマンションの人にも挨拶しまくって、みんなが顔みしりになるところからスタートかな。
昔の古き良き日本のようなお付き合い、取り戻したいね。

私は蓄電できるシステムを、日本人なら作れるんじゃないかと漠然と考えてます。。。

投稿: june | 2011年3月17日 (木) 10時22分

>juneさん

卒園式の日は、久々に会えた母たちで無事の報告をしあって、それだけで、みんなの心配と苦労が伝わり涙ぐんでしまったよ。
私たちは「子供と会え、集えること」の安心の涙を流せたけれど、家族の安否がわからなくて涙すら流せない人の気持ちを考えると辛いね。

うん、昔のようなお付き合いいいね!こんな時だからこそ。
声かけ得意じゃないけど、私もがんばってみよう!

うちのマンションも太陽光発電にしないかなぁ~~これから日本で、世界で、きっと蓄電システムが伸びていくだろうね!

投稿: しー | 2011年3月17日 (木) 22時23分

twitterはどこから見れるんですかね?

投稿: やま | 2011年3月18日 (金) 03時41分

>やまちゃん

それがさ、私の設定が悪いのか、ユーザー名で検索してもひっかからないのです。やまちゃんの教えてもらって私がフォローだったらできます♪

投稿: しー | 2011年3月18日 (金) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえずの無事に感謝しつつ。 | トップページ | 震災後2週間 »