« 入学式と、ダンナさん向きのソー | トップページ | 花・花・花!! »

春の息吹

今年ほど春の息吹を嬉しく感じた年はなかったかもしれません。

暗く、寒く、不安だった3月の大地震。

それでも季節はめぐり、太陽が降り注ぎ、桜は咲き、その散り際にはあふれるばかりの新緑が。

きっと再生できる!肩を押してもらっているような気持です。

通勤路は花盛り。
自転車での道すがら、たくさんの賑やかな花たちが毎日どんどん咲く姿。
1人で見るのは惜しいほどなのです。

最近のお気に入りは浄水場の脇道。
桜が終わったら、ライラックや石楠花が咲く始めました。
ライラックは北海道に住んでいたころは身近な花でしたが、東京ではほとんど見ることがなく…
嬉しくて、いつもいっぱい息をすぎこんでクンクン匂いをかぎながら通り過ぎています。


本当はカメラを抱えて撮りながら行きたいところですね。
春の桜、雨の季節の紫陽花、夏の濃緑、秋の紅葉、冬は葉がひとつもなくなった寂しい木々など。
きっと四季を撮りながら通勤したら楽しいはずです。

今日はお家のお花シリーズ。

P1030239

母からもらった3点セット。
桜、クリスマスローズ、チューリップや白いのは…ミニ水仙に、スノーフレイク?


P1030259

こちらは、ミクが取り壊しになる団地の裏でつんできた花たち。
立派な水仙、ビビットなグラデーションが美しい…
ハナダイコンはざーっと絨毯のように咲いていて、春にその様子をみるといつも幸せな気持ちになる。

P1030253

朝、いつも水切りするために花たちを一堂に並べます。
いい景色。

|

« 入学式と、ダンナさん向きのソー | トップページ | 花・花・花!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入学式と、ダンナさん向きのソー | トップページ | 花・花・花!! »