« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

父の日に

物心ついたころ、「お父さん」といえば、「いつもいない人」だった。
遅くまで残業してたし、しょっちゅう外販に行って長い間戻らなかった。
で、たま~に家にいると「なんでこんな問題もできないんだ!」とか説教され、夜中まで勉強させられたり…
ご飯を残すと「食べ終わるまで席を立つな」と言われて泣きながら何時間もかけて食べたり…

一番ハラハラするのは、一緒に公共の場に出かけたとき。
小さい子が走り回って親が注意しないと、他人の子にまで説教が始まった。

そんな雷親父が今ではすっかりまる~くなって…(孫に対してだけだけど)
まぁ、娘たちに対しては相変わらず口が悪く、失礼極まりない感じ。
うちの家族を呼ぶ時「この貧乏家族が」というのはほんとやめてほしい(笑)

こんな父に育てられたから、私も笑いながらキツいことを言うキャラになってしまったのかしらねー。

さて、それはさておき、父の日でした。
今年は物じゃなく、お食事をプレゼント。
無門庵の「ホタルの夕べ」に行ってきましたよ~
P1030908_2


天麩羅食べ放題のついたコースをいただいた後、ホタルを見られるという催し。

お庭に入ると、リーンリーン…という鈴虫の鳴き声が。虫籠がずらりと並べてあり、鈴虫の他にもマツムシとかキリギリスなどたくさんの虫が勢ぞろいしており、それぞれ気分が盛り上がると鳴きはじめ、子どもたち大喜びで観察していました。


P1030911

あら?ソーちゃんいつの間にか写真撮っててくれたんだね。

お食事は、お刺身や先付け、サラダや茶わん蒸しをいただいたあと、揚げたて天麩羅の盛り合わせ。
その後は好きな天麩羅をその場で揚げていただきました。
海苔で巻いた蛤は初めて食べたけど、とっても美味しかった!
海老やきす、鱧も美味しかったけど、ヤングコーンやアスパラ、れんこんなどの野菜も嬉しい。
いつもは揚げ物こんなに食べられないけど、たくさ~ん追加し、〆でかきあげ蕎麦までしっかり美味しくいただきました。

食後はお庭から移動、真っ暗な離れで小さな小さなホタルの大群と対面しました。
大きな虫籠みたいなものに入っていたので飛び回る姿は見られなかったけど、暗闇に浮かぶ蛍光のイエローグリーンが美しかった。

子どもたちは1匹づつ袋にホタルを入れてもらって大感激!

思い出に残る夜に…なったかな?


さて、相変わらず頑固で口の悪いお父さん。

どうぞそのままで、長生きしてほしいと思います(´▽`)b

| | コメント (0)

ソー1年生のその後

P1030816
雨に輝く紫陽花が美しい季節になりました。
しっとりと、穏やかに過ごすのが似合いますね。

梅雨が終わってカラッと晴れたら、さぁ!どこか行こうか!きっとそんな気持ちに。

  

今日は小学校の学校公開でした。
初めてみる、ソーの授業風景。

心配してたことが、まさに現実に…

先生の説明のとき、考え事をしており、まったく聞いていない
        ↓
なのに、「じゃぁ今先生が説明したとおりにやってください」といわれて、質問するわけでもなし、自己流にやる
        ↓
図工の時間なのに、音楽の教科書を出してきて、一心不乱に「グリーングリーン」に没頭。(後ほどオットが見に行ったときも同じページで止まっていたと…)

ななななんて自由な小学生でしょう!!

母さん、どこから注意していいかわからない…

01

そんなソーの、ひまわりの観察。
ものっすごく黒くて茶色いタネだわねー。

なになに?

いろは、「ちゃいろ 2V くろ

かたちは、「まる 2V さんかっけー

どうやら「2V」ってのは、「VS」って書きたかったようですよ、奥さん!

っていうか、ひらがなもまともに書けないのに英語使うな~~~~

茶色と黒を戦わせるなぁ~~~~~~

ぜんぜん「まる」でも「さんかっけー」でもないし?

オットと2人、さんざん大爆笑したあと、

「ソーちゃん、やばいね…」真剣に、この子の未来が心配になりました…。


がんばれ一年生!!

P1030815

農協で買ってきたこのお花、名前がわからない…
花びらがパリパリ、ツヤッ。かっこいい!


| | コメント (0)

こんな日もある…

そういえばその日は朝から焦りぎみでした。

貴重な晴れだから洗濯もしなきゃ、
家庭訪問だから部屋も片付けて、
朝食作ってお弁当作って、
あ、頼まれてたアイロンするの忘れてた~、、
ミクが漢字テストだから練習させて、
早退させてもらうから会社に早めに行って仕事終わらせよう…

そんな、慌ただしい気持ちで出発した朝。

通勤途中に、自転車の接触事故を起こしてしまいました。
相手の方に怪我はなかったものの、とても迷惑をかけてしまいました。

ずーんと気持ちが落ち込み、その気持ちを引きずったまま、午後会社を早退して、ミクの個人面談がある学校へ。

面談が終わると急いで自転車に飛び乗り、自宅に戻って今度はソー先生を迎え家庭訪問。

2人の子供が帰ってきたら、車に乗せて実家へピアノのレッスンへ。

今日の私は焦っているから落ち着こう。
そう自分に言い聞かせて、車で出発。

なのになのに、ここでまた接触がおきてしまうんです。

1日に2回接触って驚きです。
自分が自分じゃないみたい!

かなり車は乗ってるけど、この20年以上無事故無違反。(うっかり八兵衛で気づいたら免許失効してたことはあるけど)

なんで今日に限って?

脳がおかしくなって車幅とかわからなくなっちゃったのかなぁ。

いろんなこと考えすぎて悲しくなってしまいました。
自分が嫌で嫌で…

帰り道、ピアノの先生をご自宅まで送り途中、今日1日あったことを聞いてもらいました。
たぶん、最後の方は泣き声になってたと思う。

先生は私より10ぐらい年上、とても大らかで優しい女性で、お姉さんのような存在。
だまって私の話を最後まで聞いてくれ、
「大変だったね~、でもえらかったね、ちゃんと対処できて。大丈夫だよ。しーさん、ポノポノだよ~」
って言ってくれました。

「ポノポノ」っていうのは、ハワイアンセラピーというのかな?

【wikipediaによると】
ホ・オポノポノ(Ho'oponopono)は、ハワイ語で、PukuiとElbertによるハワイ語辞典において「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義される言葉。この言葉は、家族のあるいは個人の癒しの方法を指す言葉として知られる。

「ありがとう。ごめんなさい。許して下さい。愛しています」を繰り返し自分にしみこませる療法。
今ここに在ること、そしてすべてに感謝する。反省して許しを請い、自分も相手も受け入れる。

ちょうど最近、先生から「ポノポノって知ってる~?って教えてもらったばかりだったのです。

「こんな時こそポノポノだねー」って、なぐさめられました。


先生とお別れしたあとも、この日はすべてが重い方向に流れていき、立って呼吸してるだけで精いっぱいな1日でありました。

こんな1日も、長い人生ではあるんだね。
でも、こんな1日があったからこそ、こんな1日を二度と作らないように気をつけたいと思います。

あ~~暗い日記でごめんなさい!

しっかり反省して、前を向いて進みます。はい。


P1030778

え~ん、ミクさんありがとう。(お風呂上がりに置いてありました)


| | コメント (4)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »