« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

三連休×2と、台風すごかったね。

夏休み明けのだるーい大人と子供へのプレゼント。

それは三連休×2。

せっかくのお休みだから、家の掃除も1日ぐらい…なんて思ってたけど、
見事に、家のことは何もせず、、でしたね。

ゆる~く過ごすことの多い我が家にしては珍しく、秋の心地よさに誘われてアウトドアしてきました。

前半のアウトドアは、秋川へ。
別名:戦場カメラマンの私が商売道具(カメラ)を忘れ、そのお陰で?ゆっくり過ごせました。
カメラ持ってると、子どものいい表情とかいい構図+色彩が合わさると、カメラをかまえずにはいられないんですよね。
(下手の横好き)
前回はほか弁持参な感じでしたが、今回はバージョンアップして、コンロとフライパン持参。
野外焼きそばや焼き肉で、豪華な食卓。
もうちょっと寒くなったら、野外鍋なんていいかも。

こんなに涼しいんだから、と水着を持参しなかったら、やっぱりというか、、
子どもたち普通に泳いでいました。洋服で。

-----------------------------------------------


そういえば、連休と連休の中日は、すごい台風が日本を襲いました。
一番ひどい時間帯に会社を出て子どもを迎えに行った私、

バスから降りた瞬間に傘が折れる
    ↓
バケツの水を何回もかぶった状態で家に辿りつき、新たな傘を持つ(勉強しない人)
    ↓
エントランスから出て広げたとたん傘が折れる
    ↓
長靴にたくさん水を入れてじゃぶじゃぶ言わせながら学童を目指す
    ↓
子どもたち、台風の威力を知らないので傘を開く→傘が即効さかさまに開く
    ↓
3人、濡れ鼠になって家に帰る。子どもは台風大好き!たしかにここまで濡れると気持ちいいぞ。
    ↓
朝から微熱があった私、熱が上がりそのままソファに倒れ込…めない残念さ。

次の日の、キラキラと眩しい澄んだ空気の中、驚くばかりの光景が。
とにかく、木が、あちこちの木が、折れて倒れて…台風15号、元気すぎでした。

-----------------------------------------------


後半の三連休、そんな台風は嘘のように過ぎ去り、秋らしい爽やかな青空が。
思い立って「山登りいこー!」と誘ったら、家族の反応はイマイチでしたが、友達家族が乗ってきてくれました~

気楽なハイキングコースを見つけたので、高麗の巾着田を選んだら…何この人混み!
曼珠沙華まつりにドンピシャで当たっていたんですね。
今回のメンバー1人として曼珠沙華に興味なし。
それより、この人混みから離れたい…

あ、コスモス畑!!
この間の台風でだいぶ横倒しになってるけど、たくましく咲いている。こんなに細いのに…!

P1040732

子どもたち、虫探しに夢中。
トンボに蝶、バッタやカマキリ、それもビッグサイズがゴロゴロしていて、
子どもたちより父さんたちが目の色変えて少年になってた。

P1040735

人ごみを避けて歩いてたら、いつの間にか山登りすることに…
チビちゃんたちもいたのに、、あの急な山道をよく頑張りました。
…っていうか、よく思いつきで山登りしたよね、みんな。
頂上・金毘羅神社からの眺めは絶景!
空気も綺麗。お弁当が美味し~

山を下った後は高麗川で、水遊び。
小さいお魚がたくさん見えてるのになかなかつかまらなくて、姉さんたち悔しそうでした。
石を投げて、遠くの缶を狙う的当ては、大人も子どもも必死。
何かを思いっきり投げるってストレス解消~!

P1040773

さ~、いっぱい遊んだから、いっちょ頑張りますか。


| | コメント (0)

長野っていいところ

長野好きの家族。

昔、父の会社のボロ別荘が野尻湖にあって、夏になるとそこに行くのを楽しみにしていました。
泳ぎが好きになったのも、毎年野尻湖で泳いていたからかも?
プールとは違い、足の着かないところでゴール目指して泳ぐので、必至でした。

「外人村」と呼ばれている野尻湖一角は、夏の間宣教師が集まり、日本人率1割ほど。
ちょっと海外に遊びに行っちゃったような感覚がまた刺激的でした。
(その割には英語はまったく覚えず、ゼスチャーばかりが磨かれる不思議)

今回実家に「みんなで旅行行こう!」と誘われ、母が選んだのはもちろん長野。
二泊三日で出かけてきましたよ~

初日は、諏訪。
P1040541

諏訪湖に来たのは初めてですが、好感度大の街並み。
何しろ湖のまわりがきれいに整備されていて、お散歩が楽しい!
P1040510


身近に美術館、温泉、高原…いろいろあります。
今回はゆっくりまわれなかったけど、再来していろいろ楽しみたいな。
P1040514

諏訪では夏の間、毎日15分間の花火が湖沿いで打ち上げられおり、
あれ?もしかしてハートの形のつもり?とか(笑)ゆる~い感じが和みます。

ここの難点は、国道が混むことですね…これって週末だけなのかしら?
一車線に車がずらーっと、土地の人は大変です。

次の日は、小布施で栗おこわ食べよう!と一路北へ。


P1040576

やっぱり小布施の街並みは素敵。
北斎美術館に行きたかったけど、ソーの顔を見て…諦めました(笑)

ここに着たら栗おこわを食べれずには帰れません。

P1040544

竹風堂の栗おこわ。
オットは初体験だったらしく、感激しておりました。
固めに炊かれたもち米に、ちょっと甘い栗がゴロゴロと。ひと足早い秋を味わいました。

その後、姉の友達が働いているというジャズバーへ。
ちょっと奥まった場所に、ひっそりと。


P1040575
一歩足を踏み入れると、おぉ…オトナな空間(っていうか大丈夫かいな、うちの怪獣どもは…)

P1040552
トランペット好きの父は、Miles Davisをリクエストし、聴き入っていました。
スピーカーから奏でる音が家のとは全然違う…

その後、野尻湖に向い、昔泳いだ湖を眺め…

本日の宿泊場所、斑尾高原へ。
山に囲まれ、ゴルフコースを持つきれいな高原に立つホテルでした。
P1040603

スーパーボブスレー(ボブスレーで滑る長い滑り台)、プール、ミニゴルフ、リフト、うさぎ触れ合いコーナー等など、子どもの遊びには事欠かないこちら。

P1040604

ひまわり畑にはこんな細工もしてあるんですよ。


P1040660

P1040662

そんなひまわりももう見おさめ。
入れ替わるように、萩や女郎花など秋の花々が高原に咲き乱れておりました。

さて!3日目。
子どもたちは朝からホテルのプールへ。
午後からは、黒姫高原のコスモスを見にいくか、ワイナリーに行くかで意見が分かれましたが、飲兵衛さんたちの意見を尊重し、ワイナリーに行くことに。

小高い山を登っていくと、そのワイナリーはあります。

St.Cousair


P1040666

いきなりの葡萄畑にテンションあがります。
そして、ここはヨーロッパなのです。造りも、景色も、料理も、すべてもが…

P1040670


P1040682

テラス席の前には青々とした芝生が広がり、その先には飯綱の街が広がります。
早速ワインを注文、デリカテッセンでソーセージや、パン、プレートを注文し、気持ちのいい木陰の下で乾杯!
ワイン好きの父とオット、「長野ルージュ」大層お気に入りだった様子。
日本のワインは普段あまり飲まないので、こんな美味しさもあったのかと。

パンに、数種類の自家製ジャムが大好評で、パンの追加が途切れませんでしたね~
食後のジェラートも含め、本当にどれも美味しかった!

大人がゆっくりおしゃべりと食事に興じてる間、子どもたちは芝生を走り回っていました。

P1040708

ぜひぜひ、また訪れたい場所、サンクゼールの丘でした。

(最後にショップでお土産買うときに気付きました、都内にもいくつか店舗を持つサンクゼール!あぁ、その本店だったのね!と…(遅))


| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »