ファッション・アクセサリ

フラメンコとガラスイヤリング制作の週末

週末は友人のフラメンコのライヴに出かけました。

行く前に腹ごしらえとしてラーメンを替え玉までしていったのに、ライブ先でもボリュームたっぷりの、お食事といって過言ではないほどの「おつまみ」がついてきました。そんな「おつまみ」を頂きながらのライヴ。

久々に観た友人は踊りに切れと指先まで神経の行き届いた豊かな表現力が加わり、素晴らしい貫禄!ものすごく格好よくてドキドキしてしまいました。

ちなみに、舞台でのお化粧を落として私たちに挨拶しに来てくれた彼女はさっきまで激しく踊っていた人と同じ人とは思えないほどのおっとりとした可愛い笑顔。この変化がたまらない(。-_-。)のですよねぇ~

そして昨日は「ピヤス・イヤリング教室」へ。

こちらは近所の友人がステンドグラスを習っている関係で、その先生を招いてのお教室でした。

まずはじめに好きな色のガラス玉を選ぶ…のですが、これが綺麗な色、輝きもいろいろあって迷いまくりです。

私はブルーと玉虫・茶系で迷い…結局茶系に決定しました。チェーンは長め、下に付けるスワロフスキーなども自分で選び、いよいよ制作開始!

綺麗に拭いたガラス玉の淵にカパーテープを巻き、棒のようなもの(きっとちゃんとした名前がある)で密着させていきます。この辺でもう指が攣りそうになってきます。その後、フラックスという液を下に塗り、いよいよハンダの登場!熱くなったハンダゴテの先にハンダをとって、テープの上に上手に塗り重ねていきます。

上手に…なんて言いましたがもちろん最初からうまく行くはずがなく…「あぁっ」「ぎょー!!1か所だけ盛り上がったー」なんて大騒ぎしながら作業は続きます。ここで軽い肩こりがおきますが、作業は更に精密に…ワイヤーを小さく丸めてチョッキンし(あちこちから紛失騒ぎ勃発)、イヤリングのパーツ、そして下にぶら下げるパーツを付ける輪っかの取り付け。もう私のイヤリングには一生輪っかがつかないんじゃないかと思うほど時間が掛かりました(-_-;)lll

Img_3728 まぁそんなこんなで大変な思いをしてようやく完成したのがコチラです。

自画自賛だけど、とても素敵~~ヽ(^o^)丿

でもよく見るとすごくデコボコ。私ってこんなにぶきっちょだったのね…と思い知った日でした。

ステンドグラスの先生のホームページはこちら

http://web.mac.com/koubou.mm/iWeb/7FEAA2D7-93C5-48C5-B873-334D0EED7B98/Welcome.html

実際に見せてもらった作品が、今までのステンドグラスのイメージとはまるで違うものでした。海外から買い付けたという綺麗なグラデーションのガラス、そして色の組み合わせも素敵です。「たいくつうさぎ」シリーズなどは可愛くてキューン!いつか個展にも行ってみるつもりです(*^_^*)

| | コメント (6)