経済・政治・国際

ニッポンか!マンションか!

マンションを購入する前に頭に入れておかなければいけないこと。

それは、マンションというものは永遠に「修繕積立金」と「管理費」、そして車を持っているなら「駐車場代」がかかるということ。

都内のマンションに住む場合、都心ではなくても合計すると軽く3~4万にはなるだろう。

しかも修繕積立金は徐々に値上がりしたりする。

やっとローンが終わった!と晴々とした気持で迎えた老後、月々5万円の出費が永遠に続くというものはどうだろう?

マンションを購入するならそんなことにも思いを巡らせながら購入しなければね。

…と、5年前の自分に言ってみたかったりする(笑)

まぁ、マンションにはマンションにしかない魅力もある。修繕費を自動的に積み立てている安心感はあるし、セキュリティの面でも戸建のはるか上を行く。平面なので専有面積を存分に使えるので広く感じる。

我が家が購入したマンションは、今でもなかなかいい買い物をした!と自画自賛なのだが、経営に至っては否。

販売がマンションを売り易くするために駐車場を1000円~に設定しまったため、ランニングコストが不可欠な立体駐車場から毎月大赤字が出ていたのだ。

このままいくと10年後には1億近い赤字が計上されることになり、その赤字はマンション住民で割り勘、ということになる。

理事会でそのことが発覚して大問題になり、価格を付近相場価格に戻そうという動きが出ている…が、「駐車場が安いから入居したのに!」なんていう目先のみの方もいたりして総会は大混乱。

まるで、ばら撒き政策で政権を取ったもののもともと無謀な公約を掲げていた新与党が夢半ばで国債を発行しまくりしそうな日本の未来とよく似ている(笑)

消費税も上げないで一体どんなマジックで公約を果たすつもり?の「ニッポン」か「うちのちっぽけなマンション」か、先に経済が正常に戻るのはさーて、どっちが先(°∀°)?

Img_4447 ←お誕生日ディナーは本人の希望でステーキ!

「あと1週間くらい誕生日が続けばいいのに!!」

って…可愛いこと言っちゃってさ~

そういえば子どもの時、私もそんなこと言ってたっけ。

…でもこれ言ったのうちの最年長者なんだけど(笑)

| | コメント (9)

私も水筒女子です(←うわ!やな言い方)

はー、アイスコーヒーを飲んだら目が冴えてしまった。

アレルギーの薬を飲んで仕事中に船漕ぎそうになってた昼間と交換できたら素晴らしい取引なんだけどなぁ。

米国は景気後退の終りが見え、住宅価格上昇の兆しが見え始めたらしいが以前失業率は高いまま。

一方日本はといえば、不況から抜け出すにはまだまだ時間がかかりそう。

この間久々に前の会社に顔を出し、お昼時なのでランチをしようと懐かしいランチスポットを歩きまわったら、イマイチだったお店がなくなっていたのはもちろん、2000円以下のランチは出しませんことよ!オホホホ…と気位が高く近づきもしなかったお店まで1000円ランチを始めていた(しかもコーヒー付き)。

外食産業が軒並み収益減で苦しんでいる。もちろん外食産業だけではなく、どの業界だって必死に努力しないと乗り切れない時代。

でもこういう時期も必要なのかなぁ、と思う。なんとなくノリでなんとかなっちゃってた時代。競争しなくても口を開けて待ってたら良かった時代。

そんなのばっかりだったら幸せボケしてしまうもんねー。

親切・丁寧できめ細やかなサービスという日本独特の持ち味も影を潜めていたようで。

今は試行錯誤して質を磨く時期。そう割り切ればなんだかこの不況も必要だったのかなぁ、と。

この先、軽く景気が良くなっても、また必ず来るであろう大不況。

その時のために技を磨いて体力作りをする大切な時期なのか。

粘り強く、サービスの良い会社やシステムが競争に勝って残ればいい。

藁のお家でもなく、木の枝で作ったお家でもなく、レンガで作ったしっかりしたやつを!

なーんて

お金がない割には幸せボケした西のベランダっぽくない内容だけど、最近はあまりに身近に不況を感じるもので。

つい「政権交代もいいかもよ」などと思ってしまう。

立場が逆転すると今まで見えなかったものが見えたりするしね。

あの下心ミエミエのマニフェストはどうだろう、と思うけど…

| | コメント (0)