育児

オレオレ、4歳。

保育園にお迎えに行くと、先生がスーッと近づいてくる。

先生「そーちゃんのお母さ~ん…」

母「せんせ……今日もまた何かやらかしました?」

いつものご報告が始まる。

「今日はね~、そーちゃん、お友達と二人で悪さをして怒ってもきかないものですから、廊下に出したんですよ。それで反省してるかなぁ~と思って少ししてドアを開けたらいないんです(;_:)玄関まで遠征して遊びに行ってました。で、厳しく叱ってまた廊下に立たせていて、もうそろそろ可哀そうかなと思って廊下をのぞいたら、また玄関で楽しそうに遊んでましてねー。今日はそれを3回も繰り返しました~」

母「…毎度ながらにワルですねー!いったいどういう教育をしたらあんな風に育つのか親に聞いてみたいですよね!」

先生「…。なんだかソーちゃんがヨダレかけしてオムツしてよちよち歩いてたころが懐かしいです(←遠い目)」

母「私もですよぉ~…(←ものすごく遠い目)」

そんな、そんな「反省」という言葉をまだ知らないラテン系「ノリだけで生きている男・ソーちゃん」が4歳の誕生日を迎えた。

もし年齢に留年なんてものがあればソーは確実に3歳で留年、小学校なんてあと4~5年は入れないに違いない。

せっかくのお誕生日、何かいいネタはないものかと去年の日記を覗いて愕然!!

●周りが引くほどの甘えん坊だし→えぇ、その通り

●怒るとひっくり帰ってジタバタするし→しかも口が達者になってきて「その言い方よくないよっ!ママがそう言われたらどんな気持ちっ」とギャースカギャースカ泣きながら反論。

●何かに集中すると必ず漏らすし→これは最近ないぞーと思ったら昨日ズボンを濡らして帰ってきた…

●ご飯は未だ手づかみがお好みのようだし→箸は10秒で放棄。よっぽど指先が器用なのか。

●しかも、自分はすごく強い大人の男性だと思っている→いつもドゥキューン!ズバッ!ズバッ!と言いながら見えない敵と戦っている。「ミクちゃんとママを守ってあげるからね(^_-)」って…まずは自分のことをどうにかしなさいよ…

というわけで、この1年で素晴らしい成長を見せてくれました!と豪語したいところだが、ホラ吹きになるのでやめておこう。

そんなソーが熱く希望した誕生日のプレゼントは仮面ライダー「ディケイド」の武器。

知ってます?変化し続た今の仮面ライダーって、顔が蛍光ピンクと黒のシマシマでセンス悪斬新なデザインなんです。それでその武器たるや、武器っていうか小型のノートパソコンのような。そのノートパソコン風の角から剣や銃らしきものがガシャッ!と出てくる。これじゃぁ戦いにくいだろうに…で、その使い勝手の悪そうな武器にソーが痺れまして…切り分けられた自分のバースデーケーキも食べることなく、ミクがくれた手作りおもちゃも触るどころが見向きもせず、見えない敵と戦っておりました…

普段は心にもないことを平気で言ってのけるソー(ご飯をたくさん残しながら「ママのお料理はサイコーだね!とか)に一言いいたい!お小遣いのないミク姉が自分で考えて作った「ガチャポンの容器にビーズを入れて振ったら音がするオモチャ」に反応してくれ!自分でプレゼントを開封して「ほらっ!ほらっ!」と目の前で実演しているミク姉がやけに寂しそうだったよ~

夜、布団に入ってからも11時ごろまでガシャーン!バキューン!と効果音が響いており、朝は保育園に行く前に「盗られたら大変だからね」とかブツブツ言いながら武器を隠しておりました。当分忙しくなりそうだけど(敵が次から次へと襲いにくるから)たまには母とも遊んでね~

Img_3282_3  おまけ。

「誕生日のごはん何がいい?」ソーに聞いても「何でもいいよ(^_-)☆」と話にならないので、オットに聞いてみた。そしたら…

「ステーキがいいんじゃない?」「でも昨日もステーキだったし~」「…豆腐のね!」

というわけで、本物の『ぎゅうにく』のステーキと相成りました。

ピーマン星人・ソーのためにピーマンと人参のソテー。じゃがいも男・ソーのためにポテトサラダとスペイン風オムレツ。鍋ごといただきたいほど好きなコーンスープ(市販)も忘れずにね。そんなお誕生日ディナーでありました(*^_^*)

| | コメント (6)

3歳おめでとう!

3年前のこの日。
テレビでウォンバットの親子特集を見ていたら、股の間にジャー…と生暖かいものが。

もらした!!!

…じゃなくて、破水だ!!
2人目なので慌てることもなく、タクシーを呼び、待ち時間が暇だったのでネット上の日記に「破水しました。病院に行ってきま〜す」なんて書き込みをして病院へ向かった。
1人目も出産が早かった私は、あっという間に分娩台に乗せられ、久々の出産の痛みに耐えること1時間半?
待望の男の子と対面することができたのでした。
1人目(ミク)の出産の時は、親になった事の重圧を感じて涙で枕を濡らした日々だったのだけれど、2人目となるとそういう初々しい不安は一切無く(それも問題か)、「神様!そして道行くそこのあなた!!ありがとうございます!ありがとうございます!!」と選挙に当選した後のように、誰彼かまわず握手して歩きたいほどの多幸感が私を包んでいた。

そして3歳になったソーさんといえば、はっきりいってまだ赤ちゃんのようだ。
周りが引くほどの甘えん坊だし、怒るとひっくり帰ってジタバタするし、何かに集中すると必ず漏らすし、ご飯は未だ手づかみがお好みのようだしと、挙げればきりがない。
しかも、自分はすごく強い大人の男性だと思っている。
「ママ、オレがさ、大きくなったらカッコイイ車でママのこと『えき』にむかえにいくから」
「ママ、わるいやつがいたら、俺が棒で、『バン、バーン!』ってやっつけてあげるから」
あっはっはっは!!
頑張れソーちゃん。道は長いぞ〜(しかも険しい)

Img_1018
少しは小顔に見えるかな?と思って「晩白柚(ばんぺいゆ)」と並べてみた。
そういえば、出産後に赤ちゃんがズラリと並んだ保育器の中、「一番顔が大きくて色黒」なのがソーちゃんだった。すごく見つけやすかったし、見つけた瞬間「か・わ・い〜〜!」と思っていたのは多分私だけかと。

| | コメント (7)

やってやれない事はない〜また自爆

またもや引き受けてしまった・・保育園の役員。
今期の役員もあと少しで終わり〜とホッとしていた先日。
次年度こそ休ませてもらおうと思って意気込んでいたのだが・・
ソーのクラスの役員さんが頭を悩ませているところについ「どーしたの?」と声をかけてしまう(この時点で8割方決まっていたように思う)
あぁ、そうなんだ。役員やってくれる人がいないんだ。みんなそれぞれ仕事してるしね、、妊婦さんとかもいるしね、、え?私?わたしは〜今期、ミクのクラスでやったし〜資格取得の勉強が間に合わなそうだし〜ミクのクラスで卒園対策係やることになるし〜来年はやるから今年は勘弁してほしいなぁ…ってあぁ、そうかそうか、この人も無理で、あの人もなんだかんだ言ってるわけね。で?わたし?やっぱりわたしなの??
「…やるよ。わかった。やる!」
あぁ〜言っちゃったよこの人は・・変なところで気っぷがいい自分が悲しい。(きっと熊本の血だ…「なんば、せからしかね!(えーい、面倒くさい!やってまえ!)」という別名:短気とも呼ばれる血〜ルルル〜)
役員なんてやらずに上手に5年間すり抜け、卒園していく保護者もいる。
でも…役員やって思ったけど、縦関係のお母さんたちとも知り合えて、いい情報もらえたりして、時間は取られるけど良いこともたくさんあったんだよね。だから頑張れわたし♪
今度の委員は7月だか8月まで毎週毎週、集まりがあるんだって。あはっ♪

| | コメント (7)

笑われてなんぼ

全身全霊で笑いをとりに行く男。
・・って結構うざい。
一緒に住んでたらの話だけど。

笑いをとりたいあまり、人の忠告を聞かない。
泣くまで怒らないと、本当に怒っていることが伝わらない。
ソーと対面するといつも「暖簾に腕押し」「糠に釘」「馬耳東風」・・
つまり何を言っても手応えがないわけです。
わたしのおでこのシワが増えたのも、絶対奴のせいです。

この間リンゴ狩りの帰りに温泉に行ったときも、
洗い場でつるっと滑ってコロン!と転んだことに大受け。(おめでたい)
もちろんこちらの忠告も聞かず何回も「つるん!どっしーん!」を繰り返すのでアホらしくなって(そして上手に転ぶからもういいや・・と半分見放し)放っておいた。
周りのお婆ちゃんたちはかなりハラハラだったようだ。ただでさえ少ない寿命がもっと縮んじゃったかもしれない。
だけどそんなお婆ちゃんたちでさえ、ひとりで「つるん!どっしーん!」を繰り返すソーにハラハラするのは馬鹿らしくなったらしく、その後、彼の行動は風景の一部と化していた・・

朝、朝食の支度をしていると、ソーがむっくり起きあがってやってきた。目が半分しか開いていない。
こういう時は反応も普通なので正当な2歳児のはずだったのだが・・
「ソーちゃん、おはよー。パン焼くけど、チーズトーストとはちみつトーストどっちがいい?」

「え〜と、ねぇ・・ハチさんのお尻からぶしゅって出てきたはちみつのぱん、おねがいします」
ぶしゅって??ぶしゅ・・・・
いやー、お上品な表現ですなぁ。はっはっは・・


Img_0513
←会社帰りの1枚。この景色を見ると、忙しい時期になってきたなぁと思う。
仕事も追い込み、そして年の瀬を迎える荘厳さ。
心が過去や未来をいったりきたりする12月は気持ちが一番忙しいのかもしれない。

| | コメント (4)

ナイチンゲールの涙

朝6:30、慌ただしい平日の火ぶたが切られる。
目が半分しか開いてないのに機関銃のように喋り出すソー、「まだ寝る・・」と優雅に布団に戻ろうとするミクをひっつかまえ、お姫様抱っこして食卓に座らせる。
さぁ!みんな食べた食べた!朝食が終わったら着替えて!はい、歯磨き〜

・・となるはずが、昨日は違った。ソーのおでこが熱い。それも微妙に・・
母の手体温計によると、これは37.5度といったところか。なんて中途半端な。。
一瞬、何事もなかったかのように保育園に置いてくる。という選択肢がよぎった・・
どう考えても病人のカテゴリーには入らない元気いっぱい!食欲旺盛!のソー。
「きょうは、ほいくえん、やすもうか・・」力なく呟く母に、
「ママ・・ミクもそーちゃんのお世話したい・・」お目々ウルウルの長女登場。
ナイチンゲールの仮面をかぶった、ただお家で1日遊びたいだけの姉貴。

しかし。姉貴には「保育園に行かなきゃいけないのに、無理を言って休んだ」という負い目があったようで・・
病院に行くときはソーの手を引き、スーパーでは車の形をしたカートに乗せてやり(自分も乗りたいのに)、お昼寝のときは、ソーの背中をトントンして寝かしつけていた。(隣りで母、爆睡)

なんだかいじらしくなり、ミクだけ週末の旅行に連れていってあげたい気になった・・
金曜から1泊で熊本に行って来るのです。目的は八代市の市民オペラ。
姉が出演するので、子供をオットに託して観に行く予定なのですが・・
その話が出る度にミクが目をウルウルさせて「ミクも行きたかった・・」
う〜〜ん・・ごめんよー。飛行機代が倍になるからねぇ・・(えぇ、そんな理由です)
でもいつか、女同士で旅行しようね!

| | コメント (4)

お兄ちゃん先生、誕生。

「赤ちゃん先生」とは2歳児・ソーの最近のあだ名。
本人に言うと「あかちゃんせんせーじゃない!」と顔を真っ赤にして怒るので、
「オムツつけて、ご飯も手づかみじゃねぇ、しかも偉そうときたら、やっぱり赤ちゃん先生だよね〜」
いつもオットとこそこそ話していた。

「ソーはお兄ちゃん!」
その日も豪語してはばからないので、「じゃぁお兄ちゃんパンツはいてみる?」と聞くと、目をキランとさせて、「うん!はく〜」「ねぇ、じゃぁおしっこしたくなったら、言うんだよ」「うん、いういう〜」いつもの軽いノリのソー。
その日はパンツを履かせると着替えを3セットくらいバックに詰め、自転車で30分の距離の井の頭動物園へゴー!!
初めての子育て(ミクのとき)は紙オムツからパンツに移行するときも3ヶ月くらいかけたし、外出の時は必ず紙オムツだったのだけれど、2人目になると「ま〜いいや、漏らしても」即日、パンツに切り替えるあたり、かなりアバウトであります。

結局その日は、トイレに行きたくなるとお股をわしづかみにして(!!)走ってきてくれたので、1回もお漏らしすることなく、無事に「お兄ちゃんパンツ・デビュー」できたのでした。
ソーちゃん偉かったね、これから君も「お兄ちゃん先生」だよ。おめでとう!!

それにしても・・秋の井の頭動物園は気持ちよかった〜
吉祥寺に住んでいたときは年間パスポートを買って通いつめていた大好きな場所。
うっそうとした緑が、いいのよね。

Img_0181

←お兄ちゃん先生with井の頭公園のモルちゃん

| | コメント (3)

晴天の運動会

うちの「雨天決行女」こと、ミクは汚名返上とあいなった。
先週土曜日の保育園の運動会は朝方まで降っていた雨が止み、澄み渡った青空。
よく、運動会というと「場所取り合戦」とか「豪華なお弁当」というイメージだけど、私もオットもあまり力が入っていない。「ビデオ持って行くから!」と言ったじいじ(私の父)にも「あまり面白くないからいいよ」と断った(でも来た)。

2歳児・ソー
音楽に合わせて「トンボ」になったり「うさぎ」になったりしながら走りまわる。
「あ〜ら、意外と楽しそうににゃってるじゃない」・・と思ったのもつかの間、
「亀」の曲になったとたん、ごろごろねっころがり亀のポーズをとる友達を見下ろし、めんどくさそうに友達を避けながら歩きまわるソー。顔にはありありと「亀にはならない。めんどくさい」と書いてあったね。あれは。

5歳児・ミク
先生から、「ミクちゃんはリレーを恥ずかしがって、鼻の下を伸ばしてカトちゃん走りか、大人と手をつないで走っています」と報告を受けていたので、当日はどんな事になるだろうと思っていた。(そしてカトちゃん走りなら、ぜひじいじのビデオに収めてもらわなければならない)
しかし、当日のミクは立派に1番手でスタートし、鼻の下も伸びておらず、コーナーの所でビデオをかまえているじいじに手まで振る余裕っぷり。もちろんその瞬間に後ろから来た子に抜かれたけど。

そんな感じで、「まぁうちの子はこんなもん」といった内容だったけど、子供たちのエネルギーはたくさん伝わってきたし、足に障害がある子が一生懸命足を引きずってゴールした瞬間と、年長さんの緊張感あるリレーには思わず胸が熱くなり涙が出そうになった。人が純粋に一生懸命になる姿は本当に美しい。
来年は自分のうちの子たちが感動させてくれることを祈ろう・・・

| | コメント (2)

チャラ男、消える。

ソーは我が家の2歳児でありますが、これがかなり手が焼けるタイプで・・
遊びに来た友達(独身)からも、ソーのはじけっぷりを見て「私、子供は当分いいわ」と言われる始末。
「いやいや、うちのソーがたまたま凄いだけで、育てやすい子もいるよ?」
えぇ、そうですとも。誰にでもその恐ろしく固い石頭でぶつかっていったり、返事は大体「や〜だよーだ!おーべーか!(欧米か!)」だし、オムツはクラスで一人だけ取れてないし、母の着替えは手伝うくせに自分の着替えは「ママ、着替えさせてぇ〜ん」だし、いっつもチャラチャラへらへらしてるし。こんな人がこの世に何人もいるとは思えない訳ですよ。(そして、それでも可愛いと思える母は、DNAに操られています)

そのソーが、いかにも事件を起こしそうで今までどうにか無事だったソーが、先日買い物中のスーパーで消えた。
買い物をしている間、私はオットと一緒だと思い、オットは私と一緒だと思っていた。
ふらふら美味しそうな物を物色しながら歩いていたソーの姿がどこにもいない。
最初は「その辺で試食でもしているんだろう」と軽い気持ちで探し始めたが、2フロアをくまなく探し、トイレもひとつひとつ確かめ、外の駐車場にもいないとわかると私とオットの顔が青ざめた。
体が震える。頭によぎるのはつい最近、友達から聞いた「スーパーで子供の誘拐未遂事件」のニュース。
走り、見渡しても緑色のTシャツにベージュのパンツをはいた子供の姿はない。
泣きそうになりながら店内放送に願いを賭けていたそのとき・・

パンコーナーから、ひょっこりと現れたソー。
「ちょちょちょっと!!どこいってたのよぉ〜〜〜」
聞いてもニヤニヤして答えてくれなかったけど・・・。
パンの間から、あの小さい頭がひょっこり見えた時は、涙がちょちょぎれた。
抱きしめて頭の匂いをくんくん嗅ぐ。あ〜日なたの匂い・・本物のソーだぁ・・

ちなみに・・オットは探している間、すべての大人が犯人に見え(完全に誘拐事件になっていた)、「オメーか!」「オメーか!」と睨みを効かせながら探し回っていたそうな。ただの買い物客のみなさま、すみません。。
私はオロオロしながらも、頭ではソーイとの思い出が駆けめぐっていた。
夜中にふと目覚めると、Tシャツがめくれてお腹を出して寝ていた母に気づき、Tシャツをもとに戻そうと苦労していたソー。料理をしていると必ず「ソーも!」とお立ち台をずるずる引きずってやってきたソー。
私の頭の中も完全に誘拐事件になっていたようで・・普段は思い出さない甘い記憶が走馬燈のように蘇っておりました。

ふー。

※結局オットと私の推測により、ソーはスーパー裏の「精肉作業の行程」を見学していた所をつまみ出された、という事で落ち着きました。

| | コメント (2)

雨天決行女、5歳。

金木犀香る今日、姉貴が5歳になった。
さすが雨女だけあって、お誕生日を歓迎するような鈍い空。
そういえば、運動会も夏祭りも遠足も行事という行事には全部雨が降っている。
それも雨の中、どうにか決行になるという、正確に言えば「雨天決行女」とでも言おうか。

「雨天決行女」は『育てやすい』とは冗談にも言えないタイプ。超〜引っ込み思案で、気むずかしい一面もあり、結果をすぐ求めたくなる母にとっては、恐ろしいほどのマイペースぶり。
しかし、そんな母の焦燥感をよそに、自分の世界を守り成長していく姿が感じられるこのごろ。
やっと1年半くらいかけて保育園でお友達と遊べるようになった。
10回に1回くらい、先生に「おはよう」が言えるようになってきた。
何より、私がイライラしている時に彼女のお福さんのような微笑みはてきめんに効くのだなーこれが。

「お誕生日、何がほしい?」先日、おそるおそる聞いてみた。
何故なら、いつもミクが何かを欲しそうにすると「じゃー、次のお誕生日の時にね!」が我が家の口癖だったから。
そのセリフをこの1年で100回は口にした気がする〜〜
何〜何が欲しいの〜〜
「・・あのね、シール。ハムちゃんのシール」
ミクの目が不安に揺れる。いいのかな、こんな事言って「そんなの買えないよ!」って言われないかな・・
「しーる?・・ってペタって貼るシール・・?」
あ〜なんて可愛いんだよ君って子は!
シールぐらい10枚でも20枚でも買ってあげるとも。

でもこんな事が来年も続くとは思ってませんよ、はい。
きっといつかはくる「ヴィトンのバッグ」級のおねだり・・
その時は何て言おうか。

Nec_0006

←おばあちゃん(私の母)が買ってきたお誕生日ケーキ。
なぜに2個なのよ。え?どちらにするか迷って2つ買ったって?
そんな事、考えたこともなかった・・

| | コメント (3)